狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    20180619-00000605-san-000-1-view

    1回、打者・茂木の時、一走の楽天・田中和基が盗塁=19日、横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

    獅子奮迅の活躍ぶりを示すように、試合終了直後のユニホームは土で汚れていた。楽天2年目の田中が、1番打者として適時打を含む4安打2盗塁で勝利を牽引(けんいん)。「(4安打に)純粋にうれしいです」。23歳の若きリードオフマンは、充実感を漂わせた。


     先制点も田中の出塁から生まれた。一回、遊撃への内野安打で出塁すると、すかさず二盗に成功。その後1死三塁から野選で本塁に生還した。4安打のうち3安打が内野安打。「僕が盗塁できれば、いろんな攻撃パターンができる」と五回にも二盗を成功させた。立教大時代、50メートルが5秒8という俊足を生かした23歳に、平石監督代行も「プラン通りの攻撃ができた」とうなずいた。

     入団1年目の昨季、2軍監督として親身にアドバイスを送ってくれたのが平石監督代行だ。「良い意味でも悪い意味でも僕のことを知ってくれている」という恩師の期待に応えるべく、交流戦は全18試合に出場して打率・314をマーク。入団2年目で飛躍への足がかりをつかみつつある。

     平石監督代行の新体制以降、2連勝で交流戦を締めくくった楽天だが、チームの“借金”は18。重い現実が依然として横たわる。「ここからが大事」と平石監督代行。若手選手の活躍を突破口にチームの巻き返しを図っていく。(浅野英介)
    【楽天2年目の田中、獅子奮迅の4安打2盗塁 50メートル・5秒8の俊足を発揮】の続きを読む

    20180620-00139192-fullcount-000-3-view
    楽天・平石洋介監督代行【写真:荒川祐史】

    DeNA戦で見せた足を絡めた初回の攻撃

     8回だった。茂木が膝元の球をフルスイングする。逆方向への打球は横浜の夜空に舞い上がり、追い風に乗ってフェンスを越えた。3点を加えて7-1。勝利をほぼ決する一打に、レフトスタンドの楽天ファンがこの日最高の盛り上がりを見せた。残り2イニングを福山とハーマンが難なく抑え、平石監督代行が就任から2試合連続の勝利を挙げた。

    【動画】楽天平石新体制は一味違う! 足を生かした機動力野球で2連勝を飾る!

     初回、楽天はスピードを生かし攻めた。田中がショートへの緩いゴロを内野安打にし、さらに二盗を決める。茂木が引っ張ってセカンドゴロを打つと、その間に三進。続く島内のやや大きなバウンドのセカンドゴロで田中は迷いなくホームを狙う。タッチをかわして生還し楽天が先制した。

     3回も再び田中の内野安打、相手の失策と茂木の進塁打で2死三塁の状況をつくると、島内の左中間を破る二塁打で追加点が生まれた。島内は続く今江の左前打でホームに還ってくる好走塁も。6回にも犠打を挟みシングルヒット3本を重ねて4点目を奪うなど、つなぐ攻撃を繰り返し、鮮やかに得点を重ねていった。

     それだけでは終わらず、8回には茂木がダメ押しの一発。試合を決める長打を打つポテンシャルを持った遊撃手がいるという、楽天にとっての大きな強みも印象づけた。

    先発に助っ人の名前なしも配慮欠かさず

     今月5日の巨人戦でプロ初勝利を挙げた先発の古川は制球に苦しむ場面もあったが、球の力強さと比較的精度が保たれた変化球を使って三振やフライアウトを稼ぎ、6回を1失点に抑えて試合をつくった。これで初勝利から3連勝。交流戦でチームが挙げた6勝(12敗)のうちの3勝が古川の挙げたものとなった。

     試合後、平石監督代行は「初回の点の取り方なんかね。田中が出て走って、茂木が進塁打を打って。島内のゴロでホームに還ってくる。あれはもう最高の攻撃です」と足を生かした初回の攻撃を称えるとともに、盗塁に関しては「いつでもいけ」と指示を出していたと明かした。監督代行として初勝利を挙げた前の試合を概ね踏襲したオーダーについては「今はこれが一番、僕と栗原健太(打撃コーチ)の中でいいんじゃないかっていう話し合いで。落ち着くところは落ち着きたいと。ずっといくとは限らないですけれどね」と説明した。

     先発メンバーに外国人選手の名前はなし。「今日は正直迷ったんですよ、アマダーをファーストで使うか。ただ銀次はここのところ練習でも試合でもいいバッティングをしていて、藤田の状態も上がってきている。それとアマダーの守備の負担を考えて、代打に備えてもらおうかと」と話し、今月1軍復帰を果たしてから21打席で5安打、4四球、3本塁打でOPS1.252を記録しながらスタメンから外れたアマダーへの配慮も欠かさなかった。

    「ここからが大事だと思います。負けて終わるのではなく勝って終われてよかった。田中が打線を引っ張り、先発投手が試合をつくってくれている。後ろもある程度計算できるようになってきている。ちょっとずつ落ち着いてきているのかな。ただまあ、そんなこと言ってられないので、やるしかないですね」。平石監督代行は「落ち着き」という言葉を度々使った。そこからは、まずはチームの動揺を抑えパニックを脱することに注力したいという思いが感じられた。それはひとまずうまくいっているようだ。

    【平石監督代行で2連勝、新生・楽天の攻撃の形とは…「あれはもう最高の攻撃」】の続きを読む

     (セ・パ交流戦、DeNA1-7楽天、3回戦、DeNA2勝1敗、19日、横浜)日本生命セ・パ交流戦は19日、各地で3試合が行われ、楽天がDeNA最終戦(横浜)に7-1で快勝し、6月初の連勝を飾った。「1番・中堅」で先発出場した2年目の田中和基外野手(23)が、プロ初の4安打で2盗塁を成功させるなど大暴れ。17日の阪神戦から指揮を執る、平石洋介監督代行(38)の積極采配もズバッと決まった。

     攻撃パターンがガラリと変わった。この日は「走らせる」と腹をくくった平石監督代行の指揮で2戦2勝を飾った。

     「一回の点の取り方は最高の形でした。交流戦を負けて終わるより、勝って終われたのは大きかったです」。PL学園高出身、松坂世代の新指揮官が目尻を下げた。

     2年目外野手の田中が平石監督代行の思い描く野球を体現した。一回先頭で遊撃内野安打を放ち、出塁。梨田前監督であれば手堅く犠打のケースだったが、盗塁のサインに応えて二盗に成功。2番茂木の二ゴロで一死三塁から、今度は3番島内の二ゴロで間一髪、本塁に生還した。

     田中は三回に二塁内野安打、五回に投手強襲安打、六回に左前適時打を放ち、プロ初の1試合4安打と大暴れ。俊足外野手は「僕が盗塁をすれば2番打者が送りバントをしたり、攻撃パターンが増える。だから、これからも盗塁をしたいです」と2盗塁に成功するなど、ダイヤモンドを駆け巡った。

     新指揮官の積極策がズバッと的中した。島内も一回に二盗を成功させ、チーム計3盗塁。外国人選手を外し、4番に今江を入れた新打線も機能し、「これが一番いい」と手応えをつかんだ。

     「田中が打線を引っ張ってくれた。4安打のうち3本が内野安打もめずらしい」と平石監督代行。リーグ戦、交流戦でともに最下位に沈む楽天が5月24-25日以来、6月は初の2連勝。平石楽天に風が吹き始めた。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/19(火) 17:41:16.12 ID:V2SjG8sA0
    1 遊 ウォッチンみやぎ
    2 二 燃えスポ!
    3 中 スポルたん!
    4 捕 サンドのぼんやりーぬTV
    5 三 OH!バンデス
    6 一 突撃!ナマイキTV
    7 右 夕方Live!キニナル
    8 左 すぽっち
    9 投 あらあらかしこ

    引用元: 宮城県のローカル番組で打線組んだWWW

    【宮城県のローカル番組で打線組んだWWW 】の続きを読む

     「交流戦、DeNA1-7楽天」(19日、横浜スタジアム)

     楽天が先発した古川の力投で交流戦最終試合を勝利で飾った。チームは2連勝も、交流戦通算は6勝12敗で最下位が確定。交流戦がスタートした2005年以来の2度目の最下位となった。

     先発した5年目右腕、古川は6回を4安打1失点。6三振を奪う力投で3勝目(1敗)を挙げた。

     打線も初回に相手野選で1点を先制すると、三回には島内、今江の連続適時打で2点を追加。八回には茂木が2死二、三塁から左翼席へ4号3ランを放ち、ダメを押した。チームは12安打で7点を奪った。

     DeNAは先発のバリオスが5回6安打3失点で3敗目(2勝)。打線も三回に神里の適時二塁打で1点を返したが、四回以降は2併殺でチャンスをつぶすなど、つながらなかった。

     交流戦も全日程を終えて、8勝10敗と2つの負け越しとなった。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/19(火) 21:05:15.08 ID:V2SjG8sA0
    平石2勝目!
    古川3勝目!
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    引用元: 【田中島内今江茂木】楽天バァン集合【古川】

    【【田中島内今江茂木】楽天バァン集合【古川】 】の続きを読む

    このページのトップヘ