狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/12(水) 08:28:02.46 ID:AcfX5hnL0
    no title

    no title


    これもはや日本語じゃないやろ

    引用元: 【悲報】東北弁、謎すぎる

    【【悲報】東北弁、謎すぎる 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/12(水) 08:49:28.82 ID:wBsF9lnId
    no title

    野球部の生徒に身ぶりを交え打撃指導する今江
     楽天の今江年晶内野手(35)は11日、東日本大震災で大きな被害を受けた福島・いわき市の湯本第一小学校、磐崎中学校などを訪問した。いわき市訪問は震災が起きた2011年オフから続けており、8年連続での実施となった。

     市長への表敬訪問に始まり、ワイナリー、小中学校への訪問、最後は中学生への野球教室まで行うハードスケジュールにも、笑顔が絶えなかった。「子どもたちに元気をもらっている。震災の3年後ぐらいから、風化的なところがあるので、こういうことを報じてもらうだけでも、ちょっとは違うと思う。続けていくことが大切」とうなずいた。

     子どもたちには、「まずは1つのことをやり抜くことが大切」と何かに打ち込むことの大切さを強調した。「僕も頑張っている姿をテレビで見てもらいたい。来年、紹介されるときに『頑張った今江選手です』と言ってもらえるようにやりたい」。来季も奮闘することで、多くの子どもたちに笑顔を届けていく。(山口 泰史)

    引用元: 【楽天】今江年晶、8年連続いわき訪問「子供に元気もらっている」

    【【楽天】今江年晶、8年連続いわき訪問「子供に元気もらっている」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/11(火) 12:45:17.50 ID:VxEBIYDk0
    >チームはエンゼルスで大谷の同僚だったJ・ブラッシュ外野手を4番候補として獲得。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000006-sph-base

    遊 茂木
    左 島内
    二 浅村
    右 ブラッシュ
    指 ウィーラー
    三 内田
    一 銀次
    捕 嶋
    中 田中

    これで決定的やな

    引用元: 楽天・浅村、四番ではなく三番打者が濃厚

    【楽天・浅村、四番ではなく三番打者が濃厚 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/11(火) 14:47:05.11 ID:VxEBIYDk0
    no title

    no title


    まーたビッチがやらかしたのか

    引用元: SB千賀、楽天入り希望か 則本「いいよ、(楽天に)来いよ!」

    【SB千賀、楽天入り希望か 則本「いいよ、(楽天に)来いよ!」 】の続きを読む

    20181211-00173965-baseballk-000-1-view


    故郷・仙台で再出発

     ヤクルトを自由契約となった由規が楽天へと入団した。

     仙台育英高出身の由規にとって、仙台は地元でもある。原点に帰っての復活に期待したいところ。支配下契約ではなく、育成契約ではあるが、楽天の石井一久GMも「後半戦で戦力になってくれれば」と語っているように、焦らずに復帰までの道のりをたどることができそうだ。

     由規のように、戦力外から育成契約でチャンスをもらうという選手は数多くいる。しかし、そのほとんどが所属していた球団との再契約というパターンで、移籍先で育成契約となるケースはやや珍しい。

    過去には実績豊富な選手たちも…

     実績のある選手では、戦力外となった経緯は違えど、2006年オフの中村紀洋の例がある。

     当時オリックスに所属していた中村は、数回に渡る交渉を行ったが契約合意には至らず、結果的に自由契約となった。

     各球団がキャンプインを迎える2月1日になっても所属先は決まらなかったが、落合博満監督率いる中日がキャンプにおいてテストを開催。そこで育成選手として契約を果たすと、キャンプからオープン戦にかけてアピールを続けた中村は開幕前に支配下登録を勝ち取る。

     すると、その好調ぶりはペナントレースでも発揮され、日本シリーズでも大活躍。自由契約からの育成契約というところから見事に這い上がった。


     同じ中日では、多村仁志も2015年オフに育成契約を結んでいる。

     DeNAを戦力外となった多村は、12球団合同トライアウトを経て中日へ入団。しかし、支配下登録を掴むことはできず、その年のオフに現役を引退。そのままユニフォームを脱いだ。

    移籍先でコーチに

     2014年オフに中日を戦力外になった堂上剛裕も、戦力外からの移籍で育成契約を結んだ選手だ。

     育成選手として巨人に入団すると、春季キャンプ中に支配下登録。勝負強い打撃を武器に、2015年・2016年と左の代打要員として一軍でも活躍した。

     引退後は球団に残り、スカウトとしての活動を経て、来季からはファームの打撃コーチとして後進の育成に携わる。中村紀洋のような華々しい活躍はなかったかもしれないが、移籍が大きなプラスとなった例と言えるだろう。

     これから先、由規にどのような未来が待ち受けているかは誰にもわからない。高校時代までを過ごした仙台という地元に戻り、リスタートする由規の行方を見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00173965-baseballk-base

    20181211-OHT1I50020-L

     12月1日の浅村の入団会見に“飛び入り”参加した渡辺直(左)と則本

     楽天・渡辺直人内野手(38)が10日、「スーパーボランティア」に名乗りを上げた。FAでの加入が決まった浅村栄斗内野手(28)とは2013~17年に5年間、西武でチームメート。同じ内野手として親交も深く、新天地に溶け込めるよう2月のキャンプ中に「いろんな所に連れて行って、いろんな選手を呼びたい」と野手最年長となるベテランらしく“飲みニケーション”で結束を図る考えを明かした。
     自身の経験もあるからこそ、後輩には最大限の手助けをする。渡辺直も10年オフに楽天から西武、13年シーズン中にDeNAから西武、昨オフに西武から楽天に3度、移籍を経験。新天地に溶け込むために多くのサポートを受けてきたこともあり「チームが変わると、不安なことも多い。色んな選手とコミュニケーションを取れるように、サポート出来る所はサポートする。出来ることは精いっぱいやってあげたい」と約束した。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/10(月) 19:51:48.98 ID:kspSrie80
    D068023D-8CF1-4610-80E9-AD0FF0153D7A
     
    元楽天ルーク・ファンミル(2014年9月21日撮影)
    元楽天でオランダ出身のルーク・ファンミル投手(34)が事故によって頭部を負傷し重体になっていると9日、現在所属しているオーストラリアリーグのブリスベンが発表した。詳細は明らかにしていないが、野球とは関連のない事故で8日に負傷し、現在病院で治療を受けている。

    【写真】気合十分の表情を見せる元楽天ファンミル

    ファンミルは14年に楽天に入団し、NPB史上最高身長216センチで注目を集めた。同年に退団し、以降はオランダやツインズ傘下などでプレー。昨年のWBCでは13年に続いてオランダ代表に選出され、日本戦を含め4試合に登板した。オーストラリアのウインターリーグ参加は今季が4年目だった。

    日本時代は通算7試合に登板し0勝1敗、防御率4・15。オーストラリアでは今季5試合に登板。事故が起きる2日前の6日のキャンベラ戦ではセーブを記録していた。

    引用元: 元楽天ファンミル事故で重体、頭部負傷し病院で治療

    【元楽天ファンミル事故で重体、頭部負傷し病院で治療 】の続きを読む

    このページのトップヘ