防御率7点台の低空飛行 楽天守護神・松井裕に休養のススメ

 絶対的守護神の面影はどこへやら、楽天の松井裕樹(22)の調子が一向に上がらない。今季は7試合で2敗1セーブ。防御率は7.71と、低空飛行を続けている。

 松井は高卒2年目の2015年、先発から抑えに配置転換されると、昨季までの3年間で3年連続30セーブをマーク。毎年50試合以上投げている。

 それがいまや代名詞のスライダーにもキレがなく、今季は登板した7試合中5試合で失点している。もともと制球に難がある投手とはいえ、この結果はただ事ではない。

 評論家の高橋善正氏は「それだけ抑えは過酷な職業なんです」と、こう続ける。

「毎回、試合のラストに登場し、勝敗を背負うプレッシャーは、他の投手の比ではない。先発なら1イニング打たれても立て直すことは可能だが、抑えは1イニングに全てを懸けている。いくら松井が若くても、3年も務めれば精神的な疲労が体をむしばんでいるはずです。表面上はそう見えずとも、体の芯の部分に疲労が残っているからボールにキレがない。中日の岩瀬のように、10年も抑えを出来る選手の方が例外なんです」

 松井が抑えに回った当時、「選手寿命が心配だ」という声がチーム内外から上がっていた。

「それでも抑えを続けさせるのなら、思い切って1カ月程度休ませて、疲労を完全に抜くことです。一軍にいる限り、体の芯にある疲労が抜けることはない」(前出の高橋氏)

 17日はソフトバンクに敗れ、松井の登板機会もなかった楽天。順位は相変わらず最下位のままとあれば、今は選手のケアを優先してはどうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000022-nkgendai-base