2日の日本ハム戦(札幌D)で先発する楽天・岸孝之投手(33)が1日、連敗ストッパーとなることを誓った。チームは7連敗で借金13。最下位に沈んでいるが、この日札幌市内でキャッチボールやランニングなどで最終調整した右腕は「月も変わったのでね。自分でゲームを作ってチームが勝てればいいなと思います」と意気込んだ。

 4月30日に日本ハム・栗山監督が清宮の1軍昇格を明言。2日にプロ初出場することが予想される。岸は、西武に所属していた13年の開幕戦でプロ初出場だった大谷翔平(現エンゼルス)と対戦。1打席目こそ見逃し三振を奪って意地を見せたが、2打席目以降は右翼線二塁打、右前適時打を浴びた。注目される清宮との対戦へは「対戦してみないと分からないですね」と静かに闘志を燃やした。

 楽天は6勝19敗1分、借金13でパ・リーグ最下位。波に乗れないチーム状況の中、岸はこれまで4登板で1勝1敗、防御率2・48の成績を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000120-sph-base