楽天は16日、梨田昌孝監督が成績不振のため辞任すると発表した。同日の阪神戦(楽天生命パーク宮城)後、梨田監督から申し出があったという。安部井チーム統括本部長が明らかにした。

 昨季はリーグ3位でクライマックスシリーズに進出。今季は5年ぶりの優勝を目指してシーズンに入ったが、開幕から投打に振るわず低迷が続いた。63試合を消化し、21勝41敗1分けで、借金は20にふくれ上がっていた。
 この日の阪神戦では1点リードの九回、エース則本が力尽き、痛恨の逆転負け。4度のバント失敗など、拙攻も目立った。試合後は「(則本を)引っ張りすぎた感じがしましたね」などと、自身の采配を悔やむコメントも残していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000134-dal-base

楽天・梨田監督の辞任発表 今季最悪の借金20で決断「申し訳ない」

 
59

スポニチアネックス

 楽天は16日、梨田昌孝監督(64)の辞任を発表した。本人が辞意を申し入れ、球団が了承した。就任3年目の梨田監督は、一昨年は5位で、昨季は3位。今季は躍進が期待されたが、開幕から低迷した。中でもチーム打率は両リーグワーストの・229と、打線が振るわなかった。

 16日の阪神戦ではエース則本の8回1/3を2失点の力投も実らず敗れ、借金は今季最悪の20に。試合後に梨田監督は「それまでが良かっただけに、則本を引っ張りすぎた」と話していた。

 ▼楽天・梨田監督 借金20が自分の中で責任をとる一つのラインだった。選手、コーチ陣を含めて申し訳ない。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000131-spnannex-base