楽天・梨田昌孝監督(64)が、16日の阪神戦(楽天生命)終了後に辞任を表明した。監督の一問一答は以下の通り。

 ―辞任となった経緯

「交流戦に入る前は12のマイナス(借金)で。そこから巻き返して何とか1ケタとよく言っていたけど、1ケタになれば先は見えてくると思うけど。そこからズルズルいって、20というのが自分の中でひとつのラインというか、責任を取るライン。まだ6月でマイナス20はひどい数字だし、本拠地の仙台で、7勝24敗。本拠地で勝てないのは監督の責任ということで、今日。選手を伸ばすこともね。去年はいい戦い方ができたけど、今年は開幕早々から、状態が悪い。その責任は取らなくちゃいけない。途中で投げ出すというのは、自分の中でも色々あったけど。(借金)20というのが自分の中での区切りということで、今日負けだ段階で、立花社長に辞任を申し入れました。引き留められたというのはあったけど、僕の意志が強かった。最後は受け入れて頂いた」

 ―選手には

「まだ誰にも伝えていません。選手にもコーチにも伝えていません」

 ―三木谷オーナーには

「オーナーとはお話ししていません。社長にお話ししただけ」

 ―決断したタイミングは

「交流戦に入った段階で、とにかく1ケタにしておきたかった。(借金)20といっても、60勝80敗とかいう段階ではなく、21勝41敗。この時期のマイナス20はね。最終的なマイナス20だったら、自分の中でも、ファンの方も。去年優勝争いしながら今年の低迷ぶりはね、監督として責任を取るべきだなと」

 ―今年の誤算は

「打線がよくなかった。点が取れないのがひとつあって、つながりも悪い。松井の調子が良くなかったり、福山も調子が悪かった。先発ピッチャーはそれなりに形は出来たと思うけど、そのあたりですかね。エラー、フォアボールが絡んでの失点が多かった」

 ―昨年は優勝争いを演じ、1月には星野副会長も亡くなり、今季に懸ける思いは強かったと思うが

「去年の悔しさは選手はみんなあった。球団、フロントの方もそう。そんな中で1月に星野さんが亡くなって、絶対に勝たなくてはいけないという思いが逆にプレッシャーになったかなと。チャンスの時に選手には逆に『おいしいぞ』とおいしそうに打席に入ればいいのに、逆に金縛りにあったみたいにガチガチにしてしまったのは監督の責任かなと。ノビノビさせてやることが出来なかった。自分の中ではいつも明るくと思っていたけど、逆に選手を苦しめてしまったかなと」

 ―選手への今後の期待

「故障者もいるけど、とにかく今いる者でやるしかないので、前を向いてしっかり戦って行って欲しいという思いです。選手だけでなくほかのスタッフ、コーチ陣にも申し訳ない気持ちでいっぱいです」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000221-sph-base