楽天・田中が見せたフェンス激突のスーパーキャッチが1位

 今年の交流戦も21日の阪神対オリックス戦(甲子園)で幕を閉じる。ヤクルトが12勝6敗で最高勝率に輝きセ・リーグの意地を見せつけた。今回は交流戦の好プレーを振り返ってみる。パ・リーグオフィシャルメディア「パ・リーグTV」が選出している交流戦前半のトッププレー20選の中から上位3つのプレーを紹介する。

【動画】1位は楽天の新星・田中和基「フェンス激突のスーパーキャッチ」 交流戦前半のトッププレー20選!

●1位・楽天・田中和基外野手
フェンス激突のスーパーキャッチ。

 6月1日楽天対ヤクルト戦(楽天生命パーク)。楽天3点ビハインドで迎えた9回。1死一塁からヤクルト谷内の放った打球はセンター後方への大飛球。誰もが抜けたと思った当たりを田中はフェンスに激突しながらもジャンプ一番で好捕。一走の坂口も戻れず併殺となった。チームは敗れたが球場は大いに沸いたプレーだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00139303-fullcount-base