「梨田!ふざけるな!」罵声に笑顔貫きファンに理解

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

 楽天梨田監督が16日に、辞任した。最下位に低迷するチームの成績不振を理由に、借金20のタイミングで決断した。球団側からは慰留されたが、本人の意思は固く、強かった。本拠地・仙台の戦績は7勝24敗。その数字も、身を引く上で大きな理由となった。日頃から「仙台、東北のファンの方に申し訳ない。これだけホームで勝てないと。いつも、いつも応援してくれているのに。申し訳ない」が、口癖だった。

【写真】クラッチとお腹を触り合う楽天の梨田監督

 支えてくれるファンに対して、いつも笑顔を絶やさなかった。久米島春季キャンプ中には、何度も即席のサイン会を実施。お願いされたら、写真撮影にも快く応じた。忙しい時間帯であれば「ごめんね。また後でいいかな」と、誰に対しても、申し訳なさそうに、頭を下げる姿が印象的だった。

 時に、罵声を浴びせられることもあった。「梨田! ふざけるな!」と敗れた試合後には、厳しい言葉を言われることもあった。その中で、貫いた笑顔。「ファンあってのプロ野球。あの人たちがいないと、自分たちはいない。ホームでこれでは、ダメ」と話す渋い表情が、印象的だった。「途中で投げ出すのは、あれだけど」。意思は固く、強かった。【楽天担当 栗田尚樹】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00243015-nksports-base