20180627-00141495-fullcount-000-1-view

楽天・宋家豪【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

守護神・松井、福山が今シーズンは揃って不振

 昨季4年ぶりにAクラス入りを果たした楽天。その原動力となったのが、攻撃陣でいえばウィーラー、ペゲーロ、アマダーの“外国人トリオ”。投手陣では則本昂大、岸孝之、美馬学の“先発3本柱”、福山博之、ハーマン、松井裕樹の“勝利の方程式”だった。

 しかし、今季はペゲーロが不振に喘ぎ、ウィーラーは故障で離脱。救援陣も松井、福山が開幕から精彩を欠いた。チームの軸となるべき選手たちの不調が響き、現在は25勝43敗1分で最下位。梨田監督が辞任するまでチームは低迷している。

 その中でも、“勝利の方程式”と呼ばれる松井は現在2軍で調整中。福山は1軍に復帰したものの、防御率は6.75と未だに苦しんでいる。松井が登録抹消となった6月7日に行われた巨人戦では、本来であれば勝ちパターンの投手を投入する場面も、7回4失点の岸孝之が、そのまま8回のマウンドにも上がった。

 松井、福山が不振の現状、救援陣はかなり手薄だ。苦しい救援事情だが、そのほかの投手たちにとってはアピール次第で勝ちパターンに入る千載一遇のチャンスでもある。

 そんな中でも、2軍から昇格した投手に勢いがある。2軍で16試合に登板して、1勝1セーブ、防御率2.00をマークし、6月3日に昇格を果たした宋家豪は、再昇格後は3登板で1勝2ホールド、防御率0.00と好投。24日の試合ではうれしいプロ初勝利を挙げた。

 若手だけでなくベテランも奮闘している。プロ通算519登板の13年目・青山浩二は4月25日に昇格後、19登板で5ホールド、防御率1.37と意地を見せている。実績のある松井、福山の不調は痛いが、ポジティブに捉えれば、このピンチをきっかけに救援陣の層を厚くするチャンスと言えそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00141495-fullcount-base