1B54E79B-1D59-40B1-A73F-6408CCC6593A

9回2失点、プロ初完投で4勝目を挙げた藤平(カメラ・今西 淳)


◆ロッテ2―7楽天(17日・ZOZOマリン)

 楽天・藤平尚真投手(19)が9回3安打2失点の好投でプロ初完投勝利を挙げた。9回114球、3安打2失点で自己最多の4勝目をつかんだ。21日に20の誕生日を迎える右腕は「10代最後の登板でこういう投球ができた。最高です」と声を弾ませた。

 前回9日の登板途中から制球を安定させるために試したセットからの投球に手応えを得た。今回も初回からセットで投げ続けた作戦が奏功。4回に本塁打などで2点を失った以外は相手打線を封じ込めた。

 6回に先頭・岡に二塁打を許したが、その後の平沢、中村、井上を3者連続空振り三振に仕留めるなど要所を締めた。

 平石監督代行も「2点を取られた後によく粘った。行けるところまで行かせたいと思っていた」と一人で投げ抜いた若き右腕を褒めたたえた。

 9月初旬。休みを利用して千葉の実家に帰省した際にはこれまで挙げた3つのウィニングボールを両親と祖父母に一つずつプレゼントした。普段から誰よりも応援してくれる最愛の家族への気持ちの表れだった。

 心優しき19歳はこの日も試合後に観戦に訪れていた父・武美さん(43)と母・直美さん(44)に記念のボールを手渡した。武美さんは「今年、僕が見た試合は2軍も含めて4回負けていた。やっと勝てた」と喜んだ。父の不安も払拭した孝行息子。笑顔で手を振り、球場を後にした。 


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000245-sph-base 

プロ初完投の藤平「20歳からは新しいスタート 地に足を付けて」

80828153-E5BB-4EA2-B594-C236859B4196

 楽天・藤平が9回3安打2失点。10代最後の登板でプロ初完投を記録し、4勝目を挙げた。21日で20歳を迎える右腕はチームを3連勝に導き、「ストライク先行で投げられた」と頬を緩ませた。


 「無駄な動作を少なくしたい」と、セットポジションからのクイックモーションで投げ続けた。直球は140キロ台前半だったが、「試行錯誤して勝てる投球をしろ」という首脳陣の注文に応えた。6回無死二塁とし、さらに暴投で走者を三塁まで進めたが、この回も落ち着いて3者連続三振で切り抜けた。

 打線も若い力が藤平を援護した。4回に5年目の内田が2試合連発の8号2ランを左翼席に打ち込むと、9回には2年目の田中が左越えの18号ソロ。内田は「(2桁本塁打は)意識しないが、試合に出る以上は結果を出したい」ときっぱり。球団生え抜き選手の本塁打記録を更新した田中は「規定打席到達も近いし、来季の目標を高く持つためにも20本は打ちたい」と意気込んだ。

 藤平は「試合に勝てないと1軍では投げられない。20歳からは新しいスタート。地に足を付けて頑張りたい」と前を向いた。地元の千葉、そして石井一久・新GMも観戦に訪れた試合で、藤平が一足早い「大人」の投球を披露した。