U23ワールドカップ(W杯=19日開幕、コロンビア)に出場するU23日本代表が11日、川崎市内で合宿をスタートした。

指揮を執る稲葉篤紀監督(46)は4番兼主将に今季12本塁打をマークする楽天内田靖人内野手(23)を指名した。この日は不在だったが13日に合流予定で「年齢も一番上ですし、今のところ4番を任せようと思ってます。内田選手をキャプテンにしようと思います」と言った。

練習では最年少のロッテドラフト1位安田尚憲内野手(19)のフリー打撃も見つめた。「飛ばす能力は非常に高い。高校の時からずっと見てますけど素晴らしい。なかなか遠くに飛ばすのは練習してできるものではない。素晴らしい長打力を持っている」と評価。打順については「今は3番、5番どちらがいいか考えてます」と、実戦の中で見極めながら、内田の前後となる中軸を任せる考えだ。

出発前には宿舎でミーティングを行った。「侍ジャパンの一員としてしっかりプレーしましょうと話しました。あとは結束力を持って、1つになって世界一を取りましょう」と呼び掛けた。練習前にはグラウンドで円陣を組み「トップチームにも話していることですが、グラウンドにツバを吐くという行為は私自身良くないと思ってますので、やめようと。あとは試合中、特に投げないピッチャーも帽子とユニホームをしっかりと着て、みんなで一緒に戦っていこう」と言った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00358988-nksports-base
 第2回U―23ワールドカップ(19日・コロンビア)に出場する侍ジャパンU―23代表が11日、川崎市内で始動した。初日は約3時間、野手はノックやフリー打撃、投手はブルペン投球などで汗を流した。

 指揮を執る稲葉監督は「結束力を持って、とにかく世界一を目指してやっていきます」と連覇を誓った。

 海外での国際大会では初采配となる。「私の中で経験というものが非常に大事だなと感じている。大会を通じていろいろと経験できたらいい」と自らも20年の東京五輪へ向け貴重な学びの場とする考え。約3時間の練習ではブルペン投球や打撃練習のケージ裏など精力的に動いた。

 キャプテンには楽天・内田を指名。「年齢も一番上。4番を任せようと思っています」と明かした。最年少となる19歳のロッテ・安田にもクリーンアップの一角を託す考え。

 投手陣では2年前の前回大会にも出場した広島・塹江の経験値に期待を寄せた。「経験したことをどんどんいろんな選手に伝えてもらえれば」と話した。

 練習前の円陣では、トップチーム同様にグラウンドのツバ吐き禁止や、ベンチでの帽子とユニホームの着用を説いた。「グラウンドは自分を成長させてくれる場所。投げない投手でも帽子とユニホームをしっかり着て、みんなで戦っていきましょうと」と変わらぬ哲学を示した。

 チームに合流していない楽天・内田、堀内、阪神・島田、東京ガス・中山は近日中に合流予定。国内での練習試合を経て、今月中旬にコロンビア入りする。