楽天の平石洋介監督(38)は18日、松井裕樹投手(22)の来季起用法について未定だと説明した。

今季、史上最年少となる22歳10カ月での通算100セーブを達成した松井だが、終盤の2試合に先発として登板。2戦合計で被安打わずか7で、21奪三振をマークした。

平石監督は「本人の気持ちもありますし、ウチの戦力との兼ね合いもある。現場のコーチともしっかり話をしてから決めたい。まだ正直、いつまで(に決める)とは思ってない。2試合投げてみて、本人もいろいろ感じるところもあったでしょうし、抑えという重要なポジションに魅力も感じているでしょう。話し合いながら決めていきたい」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00365713-nksports-base