20181024s00001173091000p_view

  楽天・田中が東京五輪への一歩を踏む。11月に行われる日米野球の侍ジャパン入りを果たした。「(稲葉監督も)東京五輪へ向けて、選手を使えるか試したいという思いがあると思う。足と守備でアピールしたい」と意気込む。 

 2年目の今季は105試合に出場し打率・265、18本塁打、21盗塁を記録。新人王の有力候補となり、代表入りも果たした。両打ちの日本代表といえば昨季までの同僚で、オフの自主トレをともにした西武・松井ら数人しかいない。13年WBCに出場した「師匠」と仰ぐ先輩に続き、日の丸を背負い国際大会に出場するためにも、代表に定着できるだけのインパクトを残したいところだ。

 その「師匠」は今季限りでの引退を発表した。ともにプレーした1年間で教わったのは技術だけではない。「審判の方に敬意を払うとか。裏方さんに感謝をすることとか。道具を大事にするとか。そういうことを言われたことが一番覚えている。人としての鑑だと思う。全てが格好良い」。野球選手としてだけではない。一人間としての心も教わった。

 恩に報いるために。プレーで成長した姿を見せることが何よりも喜ばれることを知っている。「(侍ジャパンは)凄い選手ばかり。(先発だけでなく)いつでも、どこでもいけるように準備したい」。田中和基の日本代表としての第一歩を「師匠」も必ず見ている。(記者コラム・黒野 有仁)