25日、2018年プロ野球ドラフト会議が行われ、楽天が3位で倉敷商高・引地秀一郎を指名し交渉権を獲得した。

D71A41F9-106C-411F-8BC2-8F29A0E45752


■プロフィール
名前:引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)
ポジション:投手
生年月日:2000年6月3日
身長・体重:186cm82kg
投打:右投右打
所属:倉敷商高
経歴:友愛スワローズ - 岡山庭瀬シャークス(鯉山小) - 高松中 - 倉敷商高

 力強い腕の振りから投じる剛球で押す本格派右腕。鯉山小1年時から友愛スワローズで一塁手として野球を始め4年時まで在籍。5年時からは岡山庭瀬シャークスで投手兼遊撃手としてプレーし、県大会4強。高松中では3年時に県大会準優勝、中国大会準優勝で全国大会出場。倉敷商高では1年夏からベンチ入りし、2年夏からエース。同秋は県大会準優勝も中国大会は1回戦敗退。3年春の県大会を優勝、中国大会では準決勝で広島新庄高に敗れた。夏は準決勝で創志学園高に敗れ、甲子園出場はならなかった。

 恵まれた体格から投げ込む最速151キロの剛速球が最大の武器。同校OBの星野仙一氏を彷彿とさせるマウンド度胸の良さも魅力であり「燃える男」の名を受け継ぎたい。 
02FB3F5E-228E-41F4-B3F3-D5B09C85EC75


 「プロ野球ドラフト会議」(25日、グランドプリンスホテル新高輪)

 倉敷商の151キロ右腕・引地秀一郎投手(18)が、楽天から3位指名を受けた。同校は、今年1月に他界した元楽天監督・星野仙一氏の母校でもある。“星野2世”が、偉大な先輩の魂を継承してプロの道を歩む。


 「指名されてホッとしている。楽天のキャンプを見に行ったこともあるので、チームは東北が本拠地だけど、僕にとっては地元のように感じられる。何か縁を感じます」

 角度のある直球が最大の武器。今夏の岡山大会では、甲子園で脚光を浴びた創志学園西純矢投手(2年)との投手戦を演じた。その将来性は誰もが高く評価している。

 “星野2世”と呼ばれることについては「まだまだ力は届いていません」とキッパリ。その上で「プロに入って近づいて、抜けるような投手になりたい」と大きな目標を立てた。

 倉敷商から直接、プロに入るのは創部86年目で引地が初めて。



 引地 秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)2000年6月3日生まれ、岡山市出身。投手。右投げ右打ち。小学1年から野球を始め、倉敷商では1年からベンチ入り。甲子園出場はないものの、恵まれた大会から投げ下ろす最速151キロの直球が武器の本格派右腕。身長188センチ、84キロ。