20181102s00001173218000p_view

 巨人は2日、
橋本到外野手(28)が金銭トレードで楽天に移籍すると発表した。「みちのくイチロー」の異名で呼ばれた橋本は、08年ドラフト4位で仙台育英から入団。巨人ではプロ10年間で393試合に出場し、通算打率・243、9本塁打だった。

 橋本は球団を通じ「10年間お世話になりました。指導者、選手、スタッフに恵まれ、成長することができました。一軍で結果を出すことができず悔しい思いもありますが、生まれ故郷でプレーするチャンスを与えてくれた巨人と楽天の両球団には感謝しています。新天地では、自分の持ち味を発揮し、チームに貢献できるよう頑張ります」とコメント。

 50メートル6秒0の俊足、遠投120メートルの強肩に巧打と三拍子が揃った外野手として、13年に自身初の開幕一軍入り。14年は103試合に出場するなど、レギュラー争いに加わったこともあるが、近年は下半身のコンディション不良など度重なる故障に苦しんだ。17年は前年の約半分の139打席にとどまり、今季は1軍出場なし。宮城県仙台市出身の28歳が、地元でリスタートを切る。