20181112-OHT1I50098-L

 キャッチャーらしく送球のポーズをする太田

 楽天のドラフト2位・太田光捕手(22)=大商大=が12日、大阪市内で契約金7000万円、年俸1200万円で契約合意した。

 ユニホームにも初めて袖を通し「写真で見ないと分からないけど、かっこいいですね」と笑った太田。「正式にこういった形で話をして頂いて、これからいよいよプロとしてやっていくんだなという実感が出てきました」とプロ野球選手としての第一歩を踏み、心を躍らせた。

 大商大では1年から捕手の定位置をつかみ、4年春には5割2分2厘と脅威の打率を残して関西六大学の首位打者にも輝いた。攻守に高いポテンシャルを持ち、即戦力として期待される扇の要に長島スカウト部長は「1年目からバリバリ、レギュラー争いをして、嶋選手を脅かす存在になってほしい」と期待。12月には34歳となり、長年楽天を支えてきた正捕手・嶋を超える存在となるべく太田は「その期待に応えられるように一生懸命頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 ◆太田 光(おおた・ひかる) 1996年10月14日、岡山・倉敷市生まれ。22歳。小学2年から「西浦(せいほ)少年野球」で始める。連島(つらじま)中では「倉敷ドリームボーイズ」でプレー。広陵高では3年夏の甲子園で1回戦敗退。大商大では1年春に最優秀選手、4年春に首位打者、ベストナインを4度受賞。お笑いコンビの爆笑問題・太田光とは読みが「ひかる」と「ひかり」で1文字違い。177センチ、75キロ。右投右打。家族は両親と兄、妹。