20181113-OHT1I50154-L

楽天・銀次

 エンゼルスの大谷翔平選手(24)が12日(日本時間13日)、米国で最も権威のある全米野球記者協会による新人王に選出された。投打二刀流の選手では史上初の受賞。日本人選手では95年野茂英雄投手(ドジャース)、00年佐々木主浩投手(マリナーズ)、01年イチロー外野手(マリナーズ)に次いで、17年ぶり4人目の快挙となった。
 岩手県出身の大谷の偉業に、同じく岩手出身の楽天・銀次内野手(30)も刺激を受けた。6歳年下とはいえ、同郷の快挙に驚きを隠せず「新人王獲得おめでとうございます。メジャー1年目から活躍して、本当に凄いことだと思います。同じ岩手県出身として誇りに思いますし、自分も負けじと頑張りたいと思います」と球団を通してコメントした。