◆49回明治神宮野球大会最終日 大学の部決勝▽立正大6―4環太平洋大(14日・神宮)

 9年ぶり出場の立正大が、09年の初出場優勝に続いて2度目の全国制覇を達成した。楽天から7位指名を受けた3番・小郷裕哉右翼手(4年)は、2安打1打点の活躍で逆転勝利を呼び寄せた。

 完璧なおぜん立てだった。2点を追う8回1死三塁、外角寄りの直球を中前にはじき返した。1点差に迫る一打を放つと、続く4番・伊藤裕季也二塁手(4年)が、自身の失策を取り返す逆転2ラン。「何としてでもつなげようという気持ちでした。彼のエラーから決勝点になりかけて、キャプテンとしてチームに徹してくれていたので負けるわけにはいかないなと」と、笑みをこぼした。

 指揮官の教えで飛躍を遂げた。捕手出身の坂田精二郎監督(44)は社会人のシダックス時代、野村克也監督(83)の指導を受けていた“野村ID野球の後継者”。その指揮官から状況に応じた配球や捕手心理を教わり、相手の心理を読み解く意識を持ってプレーしてきた。

 決勝前日、小郷はこう言っていた。「監督の野球が一番ということを全国に証明したい」。伊藤裕の逆転2ランは、俊足の小郷を一塁に置いていたために「盗塁を恐れて速球で攻めてくる」と速球1本に狙いを定めて打ったものだ。“サカタの教え”で日本一という結果を導き、「証明できてうれしいです」と喜んだ。 4年間の大恩は、知識で返す。「監督さんのおかげでプロにいけたので、上の舞台で新たに発見したことを監督さんに伝えて、恩返しができたら」。50メートル走5秒8の俊足とパンチ力のあるバッティングが持ち味。大学野球の集大成を“日本一”で飾った小郷は、自信を胸にプロの世界に飛び込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000221-sph-base