10月に楽天を自由契約となった鶴田圭祐投手(24)が15日、楽天と育成で再契約し、100万円ダウンの500万円でサインした。

 16年のドラフト6位で帝京大準硬式野球部から入団した左腕の鶴田。今季はイースタンでの登板が9月13日の巨人戦(森林どり泉)の1イニングのみにとどまり、1軍での登板は2年間で1度もなく、来季は育成で再出発することになった。

 初の1軍登板へ向けて、まずは支配下再登録を狙う左腕は「今シーズンは、自分との闘いのシーズンで、チームの力になれませんでした。来年は、育成から這い上がってチームの力になれるように頑張ります」とコメントした。