楽天・西口直人投手(22)が18日、仙台市内で契約更改を行い、30万円アップの630万円でサインした。

 16年のドラフト10位で甲賀健康医療専門学校から入団した右腕。2年目だった今季は、9月30日のオリックス戦(楽天生命)に先発して、鮮烈なデビューを果たした。8回に宗に同点2ランを浴びて初登板初白星こそ逃したが、7回までは無失点と好投。“秘密兵器”として来季の先発ローテ争いに名乗りを上げた。

 11月下旬から台湾で行われるウインターリーグにも参加予定。さらなる成長へ「今シーズン序盤は、昨シーズンの怪我を引きずってしまい調子を上げることができませんでした。ファームで登板を重ねるにつれて状態が良くなっていくのを感じ、終盤には一軍の試合で投げることができて、レベルアップを感じた一年でした。来シーズンはローテーション争いに加われるよう、今から準備をして、良い状態でシーズンを迎えたいと思います」とコメントした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000165-sph-base