1: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:23:48.07 ID:WcBsDDjdd
そぼ降る雨の中、ファンキー・モンキー・ベイビーズの名曲「あとひとつ」の大合唱がKスタ宮城に響き渡っていた。2013年(平25)11月3日。楽天-巨人の日本シリーズ第7戦。ブルペンから背番号「18」が姿を現すと、歓声はうねりとなり、涙交じりの歌声へと変わった。


3-0と楽天リードで迎えた9回。星野仙一監督は、1年間のフィナーレの舞台に田中を送り出した。前日の第6戦で先発、9回4失点で440日ぶりに敗戦投手となっていた。投球数は160。常識では考えられない連投だった。

淡々と投球練習を繰り返した。1球ごとに大歓声が湧く中、無失点で切り抜けて胴上げ投手になった。テレビ中継の実況は「雨の仙台で東北がひとつになり、田中将大が伝説になりました」と伝えた。結果的に、日本で最後となったマウンド。それでも終始、冷静だった。

「第6戦は『これが最後かな』という意識はありましたね。第7戦よりも6戦目の方が…最後という気持ちがありました」

前日はリードを許しながらも続投を志願していた。9回2死から、高橋由伸(前巨人監督)を152キロの直球で空振り三振に抑えた。入団以来、温かく見守って育ててくれた東北、仙台のファンへ-。感謝の思いを込めて、全力で腕を振った1球だった。

   ◇  ◇    

ただ全力で腕を振る。それが本分であると分かっていた。2011年3月11日。東北に本拠地を置くチームのエースという立場で経験した東日本大震災が、大きな転機になっていた。

オープン戦のため、兵庫・明石に遠征中だった楽天は、地震から1カ月以上、地元へ戻れない日々を過ごした。一体、何が出来るのか。突き詰めて考えると、スポーツ選手や著名人が発信するメッセージに疑問を持つようになった。

「支援といっても、口だけになったり、形式的になってしまうのが嫌でした。実際、被災地に行ってみると、簡単に口に出していけないと思いました。『勇気を与えたい』とか『元気にしたい』とか…そういうものは、相手が感じてくれるというか、感じてもらえたらいいものだと思います。『勇気を与える』なんて、何様なんだ、という気持ちはありましたし、今もそう思っています」

ファンが涙ながらに喜ぶ姿を見られるとすれば、それは選手冥利(みょうり)に尽きる。ただ、日本一を達成しても「何様」という強烈な違和感は変わらない。自分を俯瞰(ふかん)して見つめて、出した結論が全力投球だった。

東北は、田中将大という人間を成熟させた。今年9月、北海道で地震が発生した際、当事者たちを思い、こんな声を上げた。「何か自分にできればとは思うけど、状況を見極めながら、タイミングを見ながらやらないと逆に迷惑が掛かってしまう」。

里田まい夫人の故郷であり、自身が高校時代を過ごした北海道。土台を築いた北の大地との縁は、04年までさかのぼる。(つづく)【四竈衛】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00398568-nksports-base

引用元: 田中将大「被災地に勇気を与えるとか口だけのことは言いたくない。何様だって思う」

5: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:29:08.63 ID:pf0/bru50
こいつ普通に頭いいよな

7: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:32:02.77 ID:XokkkWYH0
ダルは実際かねだしてるからセーフ

8: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:33:27.11 ID:hEVrfZ+R0
誠意とは

9: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:35:22.25 ID:mAfEGg5+p
言葉ではなく

11: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:36:34.59 ID:stsXh+qd0
誠意とは言葉ではなく金額

12: 風吹けば狗鷲 2018/11/22(木) 11:39:29.87 ID:0YmrbDaca
全く正論だけど色んな先輩方を敵に回しそう