20181214-00000048-dal-000-5-view

カープのユニホームを身にまといマウンドの感触を確かめる広島・菊池保則=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
 楽天からトレードで移籍した
菊池保則投手(29)が14日、マツダスタジアムで入団会見に臨んだ。新しい背番号59のユニホームに袖を通し、「セ・リーグに3連覇しているチームに選んでいただいてすごく光栄。投げろと言われたところで投げます。どんな仕事でも行こうという気持ち。チームの勝利に貢献したい」と力を込めた。 茨城県出身で会沢と同郷だ。常盤大高時代は対戦経験こそないが「分からないことがあれば聞いていきたい。バッテリー?楽しみです」と笑った。また、呼び名を聞かれると、「キクとか呼ばれていたけど、(広島には)日本を代表する菊池選手が居るので、負けないように、覚えもらえるように頑張っていきます」と意気込んだ。 菊池は2007年の高校生ドラフト4巡目で楽天に入団。今季は3試合の登板で0勝0敗、防御率1・38、通算69試合で12勝15敗、防御率4・23だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000048-dal-base