1: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 11:58:18.81 ID:b9mydC7Y0
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000258-sph-base
昨年1月4日に亡くなった星野仙一氏の一周忌に半旗を掲げ、黙とうをささげる楽天の球団職員(カメラ・片岡 泰彦)
 楽天球団副会長だった故・星野仙一氏(享年70)の一周忌を迎えた4日、ゆかりのある楽天、中日、阪神が各地で故人をしのんだ。

 明大の後輩でもある楽天の島内が恩人に6年ぶりの日本一をささげることを誓った。楽天生命パークの室内練習場。自主トレで汗を流した島内は、星野さんへの思いを聞かれ、神妙な面持ちで口を開いた。
「僕を本当に変えてくれた方なので、すごく感謝しています。今年こそ日本一という結果につなげたいですね。やってやろう、という気持ちは強いです。もっと稼ぎたいですし」

 入団3年目の14年。当時監督だった星野さんにカミナリを落とされた。「おまえは何のために野球をやっとるんや! もっとがめつくやれ!」。その言葉に目が覚めた。
「前の年にガムシャラにやって年俸が上がったことで、現状に満足してしまっている自分がいたんです。そういう気持ちを奮い立たせてくれた、僕にとってはすごくプラスな方なんです」。当時3000万円だった年俸は今季、7800万円まで上がった。

 また、球団の仕事始めとなったこの日は、楽天生命パークに半旗を掲げて球団職員が黙とうをささげた。立花陽三球団社長(47)は本社業務で不在だったが「2013年以来の日本一に向けて、星野さんの『闘う気持ち』『お客さまを大切にする気持ち』を継承しましょう」という訓示が代読された。(片岡 泰彦)

引用元: 【楽天】島内、恩人・星野さんに6年ぶり日本一ささげる