1: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 12:32:20.42 ID:b9mydC7Y0
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00000004-baseballo-base

早くも約3カ月後に2019年のペナントレースが始まる。各球団、補強もほぼ完了したが、頂点に立つ陣容をそろえることができたか。各球団の優勝へのシナリオは――。
B7A1D9E6-37EC-4327-B588-AC60B7AB47B0

先頭打者・田中のさらなる躍進が期待される
 岸孝之、則本昂大という二本柱に加え、トレードにより福井優也を広島から獲得した。池田隆英、近藤弘樹、藤平尚真、古川侑利、西口直人ら若き先発候補も育ってきており、美馬学も故障からの復活を目指している。再び救援を任される松井裕樹や福山博之の復調が欠かせないが、投手陣の見通しは明るいと言っていい。

 その一方で、最下位に沈んだ最大の要因は貧打にあった。この弱点を補うべく、石井一久GM の手腕と人脈により西武からFAの浅村栄斗を獲得。これがこのオフ最大の成果となった。ただし、打者・浅村一人でチームを変えることは難しい。そこでポイントとなるのが前を打つ一、二番コンビの出来だ。

 候補となるのは18年途中からトップバッターに定着した田中和基、茂木栄五郎、島内宏明あたりだろう。スピードのある田中は左右両打席本塁打をマークするなど、パンチ力も兼備する。故障に泣かされることも多かった茂木や島内が上位でしっかりとチャンスメークできれば、得点力アップは間違いない。さらに中軸に座ることが予想される銀次や今江年晶の本領発揮も欠かせない。

 18年は助っ人トリオのブレーキに泣いたため、新外国人のブラッシュや来日5年目を迎えるウィーラーに過度の期待をかけるのはリスクが高い。長打力では西武やソフトバンクに及ばないまでも、日本人選手によるつながる打線の構築が頂点への近道となるはずだ。

引用元: 【楽天優勝へのシナリオ】上位打線で得点力アップを

2: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 12:32:44.23 ID:Xgpb+UQ9d
楽天の順位はブラッシュと茂木次第だろ

3: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 12:33:19.65 ID:lKB1GfSK0
内田が覚醒してくれるのが一番いいけど今年も外国人の出来次第なところがあるかなぁ
ブラッシュがマギーくらい打ってくれたらAクラスはあると思う

5: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 12:33:59.98 ID:BVbHoSMA0
菊地雄星がいないし
天敵浅村は楽天だし

これだけでAクラス期待できそう気がする

6: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 12:34:50.92 ID:Oiny/1xD0
茂木ブラッシュ内田次第だろ