1: 風吹けば狗鷲 2019/02/09(土) 21:13:36.67 ID:y75Lt9Q60
no title

フリーバッティングで快音を響かせる田中和基(右は侍JAPAN・稲葉監督)

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が9日、楽天の久米島キャンプを視察し、昨秋の日米野球にも招集した田中和基外野手(24)が20年東京五輪で代表メンバーに入ることに期待を寄せた。

 田中は2年目の昨季、18本塁打を記録して新人王を獲得した強打のスイッチヒッター。右打ちについては、西武からFAで加入した浅村に弟子入りし、昨季のノーステップから足を上げて打つフォームに挑戦している。指揮官は「自分の中で変化を求めるというのはいいこと。足もあって両方で打てる。五輪で入ってくれたらありがたい」。

 東京五輪では、登録可能選手が24人に限られる。俊足、強肩を兼ね備え、両打ちでもある田中は、左右の代打、代走、守備固めとスーパーサブになる可能性を秘めている。

引用元: 【侍ジャパン】稲葉監督、楽天キャンプを視察 両打ち田中に東京五輪代表入り期待

2: 風吹けば狗鷲 2019/02/09(土) 21:14:00.18 ID:y75Lt9Q60