1: 風吹けば狗鷲 2019/03/15(金) 21:15:07.38 ID:5ZB0lXTTd
no title

球場を訪れ、捻挫した右足首の状態をチェックした楽天・田中和
 右足首の捻挫からの復帰を目指す楽天・田中和が練習休日の15日、静岡・草薙球場を訪れて患部の状態をチェックした。

 前日の14日から全体のウオーミングアップに参加。他の野手とともにフリー打撃も再開した。「動いていた体をリフレッシュさせるため」と、右足首に負荷を掛ける動きを確認。ただ「2週間動かしていなかった違和感がある。まだまだ自分のプレーができるような感じではない」と慎重な口ぶりだった。

 昨季の新人王。開幕に向けては「僕自身は“いける”と思っている。ただ、いけると言って出られる立場じゃないので」。今後はベースランニングや外野守備の動きも確認していく。

 今後について平石監督は「欲を言えば最後の(オープン戦の)5連戦で出したい」とし、20日からのソフトバンク、中日5連戦で実戦復帰する可能性にも言及。ただ「中途半端な状態で出そうとは思っていない」とも強調。あくまで患部の回復具合を優先に、慎重に時期を判断する考えだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000201-spnannex-base

引用元: 楽天・田中和 右足首の状態チェック 開幕は「“いける”と思っている」も慎重

2: 風吹けば狗鷲 2019/03/15(金) 21:15:48.74 ID:5ZB0lXTTd
【楽天】右足首捻挫の田中が開幕1軍に意欲も複雑な胸中を吐露

no title

休日返上で調整した楽天・田中


 右足首捻挫で別メニュー調整を続けている楽天・田中和基外野手(24)が15日、静岡・草薙球場で、休日返上でコンディショニングを行った。ジャンプと着地を繰り返すなどして、患部の状態を確認。
「まだまだ自分のプレーができるような感じじゃない。でも、できるようにしたい。2つの気持ちがあって変な感じですね」。焦りと不安が入り交じった複雑な心境を明かした。

 3月1日の台湾・ラミゴとの国際親善試合(台北)で右足首を負傷。選ばれていた侍ジャパンを辞退し、リハビリを行ってきた。12日の静岡遠征から1軍に帯同し、短距離ダッシュやキャッチボール、外野ノック、打撃練習をこなすなど順調な回復ぶりを見せ、「予定より早く動けてます」と明るい表情を見せていた。

 だがこの日、「怖さや痛みというより、約2週間、体を動かしてなかった違和感がある。まだベースランニングや守備とかも全然やってないし、ひねりが入る動きにも不安があります」と打ち明けた。

 それでも、開幕1軍については「僕自身は行けると思ってます」と自らに言い聞かせるように話した。徐々に状態を上げ、20日からのオープン戦ラスト5連戦での実戦復帰を目指す。

4: 風吹けば狗鷲 2019/03/15(金) 21:17:05.45 ID:5ZB0lXTTd