1: 風吹けば狗鷲 2019/04/21(日) 18:13:28.74 ID:gy6OxOVWH
 「楽天7-3オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城)

 楽天・釜田佳直投手(25)が、粘りの投球で5回1/3を3失点。昨年6月の右肩、右肘の手術から、この日が1軍での復帰登板となったが、17年7月5日のロッテ戦以来となる2年ぶり白星を挙げた。

 「マウンドに上がる前は緊張していなかったが、いざマウンドに上がるとやはり緊張した」という立ち上がりだが、二回まで無難に相手打線を抑えた。

 2点リードとなった三回も1死二、三塁の危機を招くが小島、吉田正を打ち取り無失点。だが、5点リードの六回に1死満塁としたところで降板。5回1/3を5安打3失点の内容だった。

 それでも打線の援護も受けて勝利投手の権利を得て降板。「一人ずつ目の前の打者に集中して、粘って粘っていこうと思っていた。野手のみなさんに助けていただき感謝です」とし、試合後のお立ち台では目を潤ませ「本当にあきらめずにやってきて良かった」と喜びを表していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190421-00000129-dal-base

引用元: 楽天・釜田、粘って2年ぶり白星 目潤ませ「あきらめずにやってきてよかった」

2: 風吹けば狗鷲 2019/04/21(日) 18:14:16.38 ID:gy6OxOVWH
楽天釜田655日ぶり白星、オリックス松葉3敗目

no title

楽天対オリックス 5回表オリックス1死二塁、福田を左飛に仕留め、拍手する釜田(撮影・林敏行)


<楽天7−3オリックス>◇21日◇楽天生命パーク

楽天は2回に嶋の2号2ランで先制。3回にはウィーラーの犠飛などで2点を追加。オリックスは先発松葉が2回に危険球で退場。
楽天は4回に浅村の適時二塁打で2点を追加。オリックスは5回に大城の2号ソロ、6回に伏見が左前へ2点適時打を放って反撃。
楽天は今季初登板の釜田が17年7月5日のロッテ戦以来となる655日ぶりの勝ち星。オリックスは連敗で2カードぶり負け越し。松葉は3敗目。

3: 風吹けば狗鷲 2019/04/21(日) 18:14:25.11 ID:gy6OxOVWH

4: 風吹けば狗鷲 2019/04/21(日) 18:15:34.48 ID:E1cz4T6E0
ええの戻ったわ!