1: 風吹けば狗鷲 2019/05/18(土) 20:54:46.19 ID:5gjaoOCsd
 「ロッテ4-6楽天」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 6年目の楽天・今野龍太投手(24)が、プロ初勝利を挙げた。4点ビハインドの六回から2番手で登板し、2回無安打無失点に抑える好投。八回に味方打線が逆転し、念願の白星を手にした。

 ヒーローインタビューでは「本当にうれしい。打者一人一人を抑えていこうと思っていた」と喜びを表した。15日・日本ハム戦(楽天生命)でも8点ビハインドで登板して3回無失点の好投で、球団史上最大点差での大逆転勝利を呼び込んだ。

 「持っているかどうかは分からないですけど、自分ができることをしっかりやるだけです」と謙虚に答えた今野。13年のドラフト9位で入団。右膝の故障で15年オフに一時は育成契約となるが、17年に支配下選手に復帰していた。

 苦難を乗り越えての勝利に「本当に長かったです。(故障した当時は)1軍へ戻ることも想像できなかったが、治して支配下に戻ることを目指してやってきた」と感慨深げに話していた。

引用元: 楽天・今野がプロ初勝利 6年目の苦労人「本当に長かった」

2: 風吹けば狗鷲 2019/05/18(土) 20:54:59.70 ID:5gjaoOCsd

4: 風吹けば狗鷲 2019/05/18(土) 20:55:32.16 ID:5gjaoOCsd
またも逆転劇呼ぶ力投=2番手今野、プロ初勝利-プロ野球・楽天
no title

プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手にする楽天の今野(右)。左は平石監督=18日、ゾゾマリン
 プロ6年目で手にした初白星。楽天の今野の頭には2015年10月に右膝を手術して以降のつらさがよぎったのだろう。「長かった。初勝利できて本当にうれしい」。平石監督に背中をぽんとたたかれ、笑顔がはじけた。

 1-4の六回に2番手でマウンドへ。「一人一人抑えることだけ意識した」。死球と犠打で1死二塁とされたが、けがが癒えた後に2軍で覚えたカットボールを交えて中軸の清田、井上に仕事をさせなかった。七回はあっという間に3人で片付ける。直後の八回、浅村と島内の連続本塁打などで逆転した。

 今季初登板の15日の日本ハム戦でも8点差をはね返す劇的勝利に貢献。指揮官は攻撃にリズムを与えるテンポの良さを見込んで起用した。「他の選択肢もあったが、託そうと思った」。その期待に、今野は応えた。

 楽天の本拠地がある宮城の県立高、岩出山高出身。13年秋のドラフトで、監督だった故星野仙一氏が推して9位で指名された。星野氏はリハビリ中にも膝の状態を気に掛けてくれたという。「星野さんのためにもしっかり活躍して、優勝できるように頑張りたい」。感謝の思いも力に変え、苦労人はチームに貢献し続けるつもりだ。 

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0518/jjp_190518_1068223526.html

7: 風吹けば狗鷲 2019/05/18(土) 20:56:26.43 ID:SL57MTsU0
若いしいけるやろ