1: 風吹けば狗鷲 2019/06/11(火) 23:30:14.03 ID:xgjxegte0
no title

お立ち台で楽天恒例の「バーン」を決める塩見(右)とブラッシュ(撮影・足立雅史)


<日本生命セ・パ交流戦:楽天3−1ヤクルト>◇11日◇ヨーク開成山スタジアム

楽天の4番にジャバリ・ブラッシュ外野手がはまった。3回2死二、三塁で2球内角を厳しく突かれ「ギャンブル的に(イン)コースを張っていた」。胸元に食い込んでくるようなヤクルト原のシュートを左前にはじき返す先制適時打。初めて4番に入った9日の中日戦に続き、2試合連続タイムリーで3連勝と今季最多に並ぶ貯金7を呼び込んだ。

試合前のシートノックは基本的に免除。全体のウオーミングアップ参加も判断を任されている。前カードは下半身の張りで大事を取って2試合欠場した。「万全な状態で試合に臨んでくれればいい」。平石洋介監督はじめ、チームは手厚くバックアップするが、孤高ではない。先頭打者だった2回、ピンチで踏ん張った塩見をベンチ前で出迎えてから打席へ向かった。
「メンタルも体もコンディションがいい。4番は茂木、浅村と出塁率の高い打者が前にいる。得点圏、打点を稼ぐチャンスで回ってくるのはうれしいね」と感謝する。
交流戦のチーム打率は2割3分5厘にとどまる中、ブラッシュの前に座る浅村栄斗内野手も適時打を含む猛打賞。「全員が1年を通していいことはあり得ない。その間は、他の選手がカバーする」。平石監督の言葉を、不動の3番と新たな4番が体現する。【亀山泰宏】

▽楽天塩見(7回5安打1失点で負けなしの3勝目)「ブルペンから走っていないと感じた真っすぐは見せ球にして、変化球を多めにした」
▽楽天浅村(5回に追加点となる適時打を含む猛打賞)「(適時打は)何とか追加点という気持ち。いいところに飛んでくれました」

引用元: 楽天新4番ブラッシュ2戦連続適時打も感謝忘れず

2: 風吹けば狗鷲 2019/06/11(火) 23:30:41.04 ID:xgjxegte0