1: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:49:09.02 ID:4M6Sd3yPd
 楽天の島内宏明は「野球をするときは人の心を捨てると決めている」と話す。根が優しい島内は、その性格がスポーツの世界では足かせになることを知っているのだ。
穏やかな性格でガツガツとした部分は決して見せることはなく、感情を爆発させることも少ない。普段は一風変わったコメントで人を笑わせる不思議な男。それでもプロ1年目から一軍に出場し、5年目にはレギュラーに定着するなど、その才能は誰もが認めるところだ。

 そして8年目の今季、開幕四番を務めた。4月16日の西武戦(楽天生命パーク)でアゴに死球を受けて以降は打撃での調子を崩してしまうが、それでも平石洋介監督からの信頼が揺らぐことはなかった。だが、島内自身はだんだんと、打てない悔しさを通り越し、投げやりな気持ちになっていく。

引用元: 【感動】“人の心”を捨てた島内宏明に涙を流させた平石洋介監督の言葉

2: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:49:35.68 ID:4M6Sd3yPd
「本当にしんどくて出たくなくて、打てなくて……」

 試合中にもかかわらずベンチで下を向いている島内の隣に平石監督が座った。

「お前、そんな顔してたらあかんで」

 普段は島内のところに来て話をすることはないという。

「いつもは『頑張れ今日も』っていうような軽い感じですから」

 だが、平石監督は島内の異変を感じ取っていたようだ。

「お前が今までチームに貢献してきたから、俺は状態が悪くても出しているんだよ。今までお前が頑張ったぶんやで」

 その言葉に涙がこぼれた。

 2011年限りで引退して翌年からコーチになった平石監督と、その年のドラフトで入団した島内の師弟関係は長い。信頼する監督からの言葉が胸にしみた。

「ボロボロと泣いたわけじゃないですよ。(周りには)分からないくらい。でも、自分にも人間の感情があるんだなと思いました(笑)」

3: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:49:49.19 ID:4M6Sd3yPd
 つなぎの四番として勝負強い打撃でチームの逆転劇を何度も演出してきた。5月中旬以降は攻撃的な二番として切れ目のない打線をつくり、勝負どころでこそ光を放つ。エース2人を欠くチームを支えていた一人であったことは間違いない。

 四番に座っているときでも「プレッシャーはあまりないですね」と話す島内。それでも29歳の中堅として、苦労やもどかしさをかかえながらプレーしているのだ。その姿を見てくれ、認めてくれる監督がいる。

「もっとやらないといけないなと思いましたね」

 まだ本調子とは言えないが、ここで終わるわけにはいかない。再び人間の心をしまい、勝負の夏へ、もう一段ギアを上げる。

4: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:49:56.65 ID:4M6Sd3yPd

5: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:50:22.74 ID:rkOLSVXcd
________________心か

6: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:50:23.97 ID:iI7OF3FO0
人の心は今江に隠されたんやろ

7: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:51:00.69 ID:mXgwW+jo0
頭島内体島内心島内

9: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:51:37.33 ID:e3FzUSUrd
そして悲しき野球マシーンに改造されたとさ

10: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:52:13.53 ID:GjDzK5vl0
ビースト島内

11: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:52:35.06 ID:GjDzK5vl0
こころしまうち~

12: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:53:30.85 ID:Uo1KuIth0
なんでこんな感動的に書くんや…
島内やぞ

13: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:54:07.17 ID:gxyGcE7Gd
これが心か

14: 風吹けば狗鷲 2019/07/01(月) 12:54:43.36 ID:1dosj45Aa
ウォーズマン島内