1: 風吹けば狗鷲 2019/09/07(土) 19:33:52.40 ID:sR4KzV0I0
no title

3回2死三塁、右前適時打を放つ島内宏明
 ◆楽天5―3西武(7日、楽天生命パーク)

 楽天は大幅な打順の組み替えが実って、西武に5―3で勝利した。連敗は4でストップ。勝率5割に復帰した。

 平石洋介監督(39)は、島内宏明外野手(29)を1番で、浅村栄斗内野手(28)を5番で、茂木栄五郎内野手(25)を7番で起用。6日の西武戦(楽天生命パーク)から、4番のジャバリ・ブラッシュ外野手(30)以外、8選手の打順を組み替えた。

 1点を返し、なおも2死満塁の好機ではその島内が、左中間へ決勝の2点適時二塁打。4回1死無走者から浅村が左翼線二塁打。5戦ぶりに安打を放つと、1死一、二塁から茂木も内野安打で出塁してチャンスを広げた。
連敗を止めた平石洋介監督(39)は「なんとか、流れを変えたかった。みんながつないでくれた」と充実感をにじませた。

 今季初めてリードオフマンを任された島内は「正直、すごくビックリした。(6日に続いて)2番かなと思って見たら、名前がなかった。(1番は)茂木が打つんだろうなと思って。試合前に(大型スクリーンを見て)分かった」と話していた。

引用元: 【楽天】打線組み替えが実って連敗ストップ!今季初めて1番に座った島内は「試合前に分かった」

2: 風吹けば狗鷲 2019/09/07(土) 19:34:05.51 ID:sR4KzV0I0