1: 風吹けば狗鷲 2019/10/18(金) 15:41:20.75 ID:UulnUs4pd
楽天今江年晶内野手(36)が18日、仙台市内で引退会見を行った。

「18年間の現役生活にピリオドを打ち、引退することを発表します。応援してくださった方々には、言葉で言い表せないくらいくらい感謝しています。本当にありがとうございました」とあいさつ。 
「まだ自分がユニホームを脱ぐ実感は全然湧いていない。今まで突っ走ってきた自分がいた。何となく肩の荷が下りたのかなという感覚もあります」と胸中を語った。

引退を決めた時期、理由について説明。「今年のキャンプの出発前日に目の病気にかかってしまい、今年にかける気持ちはあったが、なかなかすぐに治る病気でもなく、少しずつリハビリをやってきて、
5月にやっと1軍に呼んでもらえるようになったんですけど、目の状態にも波があって、6月の末くらいにちょっと目の方がおかしくなった。ごまかしながらやっていたが、8月に監督に『厳しいです』とお話しさせてもらった。(その後2軍で)復帰して何とか戦力になりたいと思ってやっていたが、なかなか1軍にも呼ばれず、自分でもそういう立ち位置なのかなと感じていた。
そんな時に球団から来季は選手ではなく、コーチでやってくれと言われて、もちろんすぐには決められなかった。目の状態はありましたけど、体は元気だったので。家族にも支えてもらってきたので、何とか現役をやりたい気持ちはあったが、目という、前が見えない病気にかかってしまって、来年どうなるか分からない、普段の生活にも影響するかもしれない。
球団からも、ありがたいことに考える時間をいただいて、家族をはじめ、いろんな方に相談させていただいた。この目の病気は、今年1年間やってきて、来年1年、また違うチームでやるのは不安なところもあった。年齢のこともありますし。いろいろ考えて、引退しようと思いました」と話した。

引用元: 楽天今江が引退会見「何となく肩の荷が下りたかな。あと名前戻します」

2: 風吹けば狗鷲 2019/10/18(金) 15:41:37.89 ID:UulnUs4pd
プロ18年目の今季は1月に「右眼球中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症」を発症。5月に1軍昇格し、26試合で打率2割7分6厘、1本塁打、7打点。7月4日に右目の違和感を訴えて登録抹消となり、2軍でシーズンを終えていた。

球団からコーチ就任を要請されており、指導者の道に進む意向。

引退後は「年晶」から本名の「敏晃」に名前を戻す。

◆今江年晶(いまえ・としあき)1983年(昭58)8月26日、京都府向日市生まれ。PL学園2年夏に甲子園出場。01年ドラフト3巡目でロッテ入団。05、10年の日本シリーズでMVP獲得。15年オフにFA宣言し楽天入り。
17年に登録名を「敏晃」から「年晶」に変更。ベストナイン1度、ゴールデングラブ賞4度。06年WBC日本代表として世界一に貢献。通算1704試合で1682安打、108本塁打、726打点、打率2割8分3厘。180センチ、89キロ。右投げ右打ち。

3: 風吹けば狗鷲 2019/10/18(金) 15:41:41.12 ID:Ws39aj5Ba
クリスタルゴリラ今江

4: 風吹けば狗鷲 2019/10/18(金) 15:41:50.06 ID:UulnUs4pd

6: 風吹けば狗鷲 2019/10/18(金) 15:42:03.27 ID:5HpIScWAM
グッバイクリスタルゴリラ

7: 風吹けば狗鷲 2019/10/18(金) 15:42:17.16 ID:UulnUs4pd
no title

楽天今江年晶(2019年5月26日撮影)