1: 風吹けば狗鷲 2019/11/21(木) 20:50:56.74 ID:bBcWeEdi0
no title

楽天と契約合意したドラフト3位の慶大・津留崎
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-11210483-nksports-base

引用元: 楽天ドラ3津留崎、オリ吉田正と筋肉談義を熱望

2: 風吹けば狗鷲 2019/11/21(木) 20:51:26.77 ID:bBcWeEdi0
杜(もり)の都のマッチョマンになる。楽天ドラフト3位の慶大・津留崎大成投手(22)が21日、仙台市内のホテルで入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で合意した。
ドーンと胸を張った。前日20日には明治神宮大会で19年ぶりに日本一。「今日仙台に行くというのがあったんではしゃぎすぎず、(祝勝会は)顔を出したくらいです」と勝利の余韻に浸る間もなく、朝イチで仙台に訪れた。

3: 風吹けば狗鷲 2019/11/21(木) 20:51:40.70 ID:bBcWeEdi0
楽天の帽子とユニホームに袖を通し、「大学野球に一区切りがついて、こうしてユニホームを着させてもらって身の引き締まる思いです。ここから勝負が始まるんだなと思った」と白い歯がこぼれた。
モリモリの筋肉でプロの扉をこじ開けた。最速は153キロ。「セールスポイントは早い変化球。もっと鍛えていきたい」と鋭いカットボールやフォークで打者をねじ伏せる。転機は慶応高3年時の10月。
右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術を行い、ボールが握れない間に「ダルビッシュさんが基礎筋肉を鍛えるのが大事と言っていた」とウエートトレーニングに目覚めた。「筋肉は裏切らない」というモットーで、球速も筋力もパンプアップしてきた。

4: 風吹けば狗鷲 2019/11/21(木) 20:52:00.05 ID:bBcWeEdi0
憧れは野球選手…、ではなくボディビルダーの合戸孝二氏を挙げる。目の治療に必要なステロイド投薬を大会の禁止薬物に指定されているために拒否。「狂気の男」と呼ばれる伝説的な男だ。「執念がすごい」と感銘を受け、自らも筋肉との対話に励み続けてきた。
自慢の部位を問われると「ちゃんと鍛えていないんで恥ずかしいんですけど、大胸筋ですかね」と話し、「シーズン中も週6回、試合が終わった後もやっていた。僕は登板前に鍛えた方が力が入る。大学でも土、日の登板前、金曜日にはベンチプレスをすると調子が良かった。野球界のセオリーには反していると思うんですけど」とトレーニングの効果を説明。筋トレと登板をセットにし、結果を残し続けてきた。
だからこそ、筋肉自慢に尊敬の念を抱く。パ・リーグはオリックス吉田正尚がマッチョマンとして有名。対戦について水を向けられると「対戦したいよりも、一緒にトレーニングしたいですね」と筋肉談議を熱望し、報道陣の笑いを誘った。

5: 風吹けば狗鷲 2019/11/21(木) 20:52:06.99 ID:bBcWeEdi0
会見後は「仙台駅前にもゴールドジムがあったんで、これが終わったら行こうかなと思ってます」と体がうずいた様子。「毎日の積み重ねで筋肉は大きくなるし、それが自分の出力も高める」と、プロの世界ではばたく体を休まず作り続ける。【島根純】

6: 風吹けば狗鷲 2019/11/21(木) 20:53:13.61 ID:VQYVE3MZ0
no title


大学成績