1: 風吹けば狗鷲 2019/12/15(日) 17:42:05.86 ID:jaZ+MeXla
no title

大運動会で必死に綱を引く嶋=ゼビオアリーナ仙台(撮影・土谷創造)
 今季まで楽天に13年在籍し、来季からヤクルトでプレーする嶋基宏捕手(35)が15日、仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台で行われた「嶋基宏ANDゆかいな仲間たち大運動会」に参加した。

 昨年に続く2度目の開催で則本昂大投手(28)、藤田一也内野手(37)ら楽天の同僚が集結し、ファンとともに玉入れ競争、カラオケ対決、綱引き、リレーなどで楽しんだ。会場には約4000人のファンが集まり、嶋の発案により全員で、ゆずの「栄光の架け橋」を大合唱した。

 閉会のあいさつ時に、別れの涙を流す則本から花束を受け取った嶋は、感極まって惜別の涙。右手で目をぬぐい「この移籍では絶対に泣かないと決めていましたが、きょうは駄目でした」と声を詰まらせた。

 最後にファンへ3つの約束。「楽天イーグルスのことを絶対に嫌いにならないでください。選手のことを応援してください。あともうひとつはヤクルトを応援することを皆さんと約束して、新たなスタートをきります」とメッセージを送った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000561-sanspo-base

引用元: ヤクルト・嶋「楽天のことを絶対に嫌いにならないで」ファンに惜別の涙

4: 風吹けば狗鷲 2019/12/15(日) 17:43:30.92 ID:jaZ+MeXla
楽天則本が号泣、移籍嶋への送辞で感極まり抱き合う
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-12150463-nksports-base
no title

「嶋基宏とゆかいな仲間たち大運動会2019」で嶋に花束を渡しながら号泣する楽天則本昂(右)
楽天則本昂大投手(28)が号泣した。「嶋基宏とゆかいな仲間たち大運動会2019」が15日、仙台市内で行われ、ヤクルトに移籍する嶋と楽天の同僚たちがファンとゲームやダンスで触れ合った。


則本昂は、イベントの最後に藤田とともに嶋へ“送辞”を述べた。花束を抱えて登場し「ちょっとヤバイっすね。これ」と言い、言葉につまって号泣。「僕は7年間でしたけど、本当に嶋さんと野球ができて幸せでした。来シーズンからは敵にはなりますけど、グラウンドで僕も元気な姿を見せたいと思うので、他球団に行っても嶋さんらしく頑張ってください」と何とか絞り出して、抱き合った。

イベント会場からの帰り際には「嶋さんから教わったことを若い選手にフィードバックしていかないといけない。頼っていた部分があったので、心細いですけど、いる選手でやらないといけない」と強調。嶋との思い出を聞かれると「今年、復帰戦で受けてもらえたし、1年目も開幕戦とか日本シリーズもそうですし、初完投も初完封も嶋さんだったので。どれがというのは選べないですね」と振り返っていた。
則本も号泣

7: 風吹けば狗鷲 2019/12/15(日) 17:44:46.82 ID:GHpqZqjHd
嶋基宏「今日は無理だわ」楽天ナインとイベントで涙

no title

楽天での同僚則本昂、藤田から花束を渡され、涙をぬぐう嶋


楽天からヤクルトへ移籍する嶋基宏捕手(35)が15日、ゼビオアリーナ仙台で古巣の同僚たちと、ファン参加イベント「嶋基宏とゆかいな仲間たち大運動会2019」を開催した。最後のあいさつでは「絶対に泣かないと決めて今日までやってきたんですけど、今日は無理だわ」と涙を流した。
集まった4037人のファンに「約束してください」と呼び掛け「楽天イーグルスのことは嫌いにならないこと、選手のことを一生懸命応援すること。あとヤクルトを応援すること。これをみなさんと約束して、新たなスタートを切りたいと思います」と話し、来季へ向けて気持ちを切り替えた。
イベント終了後には、「楽天の選手と出るのはこれが最後」と話したが、今年が2回目の開催となったこのイベントを継続するかどうかについては「まだ分からない」と否定も肯定もしなかった。その上で、東北での社会貢献活動については「それはもちろんやりたい。僕はこの宮城、仙台にお世話になりましたので、少しずつでも恩返しできれば」と話した。