1: 風吹けば狗鷲 2019/12/20(金) 08:13:22.20 ID:FlpGE9vQd

引用元: 【楽天】松井先発転向で青山が守護神名乗り「奪う」

2: 風吹けば狗鷲 2019/12/20(金) 08:13:46.94 ID:FlpGE9vQd
 楽天の青山浩二投手(36)が19日、来季の守護神候補に名乗りを挙げた。今季最多セーブのタイトルを獲得した松井裕樹投手(24)がこのほど、先発に転向することを宣言。不動だった守護神の座は、宙に浮いた格好となった。来年37歳を迎えるベテラン右腕が、さらなる進化を果たしてクローザー争いに加わる。

 青山は今季、シーズンで自己最多となる62試合に登板し2勝4敗16ホールド、防御率2・70。今季はビハインドの場面で登板することもあったが、理想は高く持つ。「どこに(目標を)合わせていくのかは分からない」と前置きをした上で「理想は(守護神を)奪い合っていく。僕もそこに加わりたい。そこで何が必要かを考えながら、もっと前に進んでいきたい」と力を込めた。

 現時点での守護神候補は森原、ブセニッツ、宋家豪ら。久米島キャンプやオープン戦などを経て、守護神が決まると思われる。ただ青山は、クローザー争いだけに焦点を合わせるつもりはない。「牧田(和久)も入ったし中継ぎ陣は充実していると思うけど、松井が抜ける穴は相当でかい。そこをみんなでカバーしていきたい」と真剣な表情で語った。

 リリーフ陣で切磋琢磨(せっさたくま)し、松井の“穴”をいかに埋めていくか。2年連続で50試合以上の登板を果たしたベテラン右腕は、チームの勝利に貢献するために、来季も懸命に腕を振る。(高橋 宏磁)