1: 風吹けば狗鷲 2020/02/29(土) 20:18:01.63 ID:aB0yOlCR0GARLIC
◆オープン戦 ロッテ2―4楽天(29日・ZOZO)

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、無観客試合として開催されているオープン戦。楽天の三木肇監督(42)やロッテから加入した鈴木大地内野手(30)は、ファンの前で試合を行うことへのありがたみを口にした。

 指揮官にとっては、初めての経験。「不思議な感じがします。ファンの方の声援や、見てもらっているというのが選手にとってもチームにとっても力になる。お客さんがいない中でやることで、改めてお客さんの大切さをすごく感じました」と語った。

 鈴木大は「3番・三塁」で先発出場し、この日が移籍後初めてかつての本拠地でのプレーともなった。「お客さんの中でやれることが、ありがたいなと感じました」。
ファンへの思いも大きく、「お客さんは開幕してからしか、生で見ることができない。(ファンに)我慢してもらっている。開幕戦からいいパフォーマンスを出せるように準備していきたい」と気持ちを新たにした。

引用元: 楽天三木監督、無観客試合に「お客さんの大切さをすごく感じた」

2: 風吹けば狗鷲 2020/02/29(土) 20:18:14.87 ID:aB0yOlCR0GARLIC

3: 風吹けば狗鷲 2020/02/29(土) 20:19:23.38 ID:aB0yOlCR0GARLIC
楽天・鈴木が古巣ロッテの本拠地でプレー 無観客試合も「特別な思いはあった」

 「オープン戦、ロッテ4-2楽天」(29日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテからFA移籍の楽天・鈴木大地内野手(30)が、移籍後初めて、去年までの本拠地であるZOZOマリンスタジアムでプレーした。

 「3番・三塁」でスタメン出場。初回2死の打席では二ゴロ、四回1死の打席では三飛に倒れるなど3打数無安打に終わった。それでも、鈴木大はZOZOでのプレーを「8年間お世話になったし、育ててもらった球場。特別な思いはあった」と感慨深げに語った。

 初めて三塁側ベンチに座るなどいつもと違う景色が広がったものの、その上で「シーズン中も対戦する相手として、イーグルスの一員として試合に臨めた」と気持ちの切り替えはできた様子だ。

 また、無観客試合として行われたことに「お客さんの中でやることは、ありがたいなと感じた」と、あらためてファンの存在の大きさを痛感。「お客さんは開幕してからしか(球場で)見られない。いいパフォーマンスを見てもらえるように準備してきたい」と話していた。

4: 風吹けば狗鷲 2020/02/29(土) 20:20:02.95 ID:aB0yOlCR0GARLIC
no title

無観客のオープン戦でロッテに勝利しタッチを交わす楽天ナイン=ZOZOマリン(撮影・開出牧)

5: 風吹けば狗鷲 2020/02/29(土) 20:20:17.07 ID:aB0yOlCR0GARLIC