1: 風吹けば狗鷲 2020/03/02(月) 08:06:16.40 ID:i8VsZDN30
no title

オープン戦1号本塁打を放ったブラッシュはベンチでナインに迎えられる(カメラ・泉 貫太)

引用元: 【楽天】ブラッシュがオープン戦1号「米マイナーは観客少ないから」無観客平気

2: 風吹けば狗鷲 2020/03/02(月) 08:06:33.84 ID:i8VsZDN30
◆オープン戦 ロッテ3―2楽天(1日・ZOZOマリン)

 楽天のジャバリ・ブラッシュ外野手(30)が1日のロッテとのオープン戦に「6番・指名打者」で先発出場。1―1の同点で迎えた5回、一時勝ち越しとなる1号左越えソロを放った。昨季はチーム最多の95打点、チーム最多タイの33本塁打をマークした助っ人砲が、しっかりと調子を上げてきた。

3: 風吹けば狗鷲 2020/03/02(月) 08:06:44.39 ID:i8VsZDN30
 打った瞬間、両軍の誰もが確信した。高々と舞い上がったブラッシュの打球は、長い滞空時間を経て誰もいない左翼席中段で弾んだ。ロッテの2番手・二木の外角直球を完璧に捉え、オープン戦1号。「今、心がけているのは球を強くたたくことと、変なコースのボールに手を出さないこと。本塁打もうれしいが、心がけていることができたことがうれしいね」と充実感を漂わせた。

 この1年での進化がうかがえる豪快な一発だった。二木との昨季の対戦成績は6打数無安打6三振。ほぼ完璧に抑え込まれていた相手を、難なく攻略した。「昨年の経験がある。今年は何をしなければいけないのか、分かっているのが大きい」と胸を張った。

4: 風吹けば狗鷲 2020/03/02(月) 08:07:03.98 ID:i8VsZDN30
 昨年の経験を生かし、足でも仕掛けた。1点を追う2回1死から相手失策で出塁。2死後、投手がモーションに入った直後にスタートを切り、盗塁死となった。「現時点での自分のコンディションを知るために、どれだけ走れるか見てみたかった」。果敢に狙った結果はアウトだったが、貪欲な姿勢が垣間見えた。

 3月15日まで全てのオープン戦が無観客が実施される。ファンの声援も鳴り物も聞こえない。日本のプロ野球にとっては異様な状況だが、「米国のマイナーリーグでは、すごい少ない観客の中でプレーしていたから」と気にする様子は全くない。
「たとえファンがいてもいなくても、今はシーズンのために準備しなくてはならないから」。キッパリと語る姿も頼もしかった。

 2月29日のロッテとのオープン戦では「2番・右翼」で先発出場。この日は「6番・指名打者」でのスタメンとなった。
「1番だろうが9番だろうが、やることは一緒。自分のバッティングをするだけ。コンディションはずっといいので、このまま試合で打席を重ねて開幕を迎えたい」。最後まで力強い口調で語った助っ人砲には“2年目のジンクス”の心配もいらなそうだ。

5: 風吹けば狗鷲 2020/03/02(月) 08:07:37.07 ID:i8VsZDN30