1: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:32:18.07 ID:Uza6Sjlyd
no title

優勝に貢献する選手を育てる事を誓った楽天の星2軍バッテリーコーチ(カメラ・高橋 宏磁)

2: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:32:49.55 ID:Uza6Sjlyd
 今季から楽天に加入した宮城県名取市出身の楽天・星孝典2軍バッテリーコーチ(37)がこのほど「とうほく報知」のインタビューに応じた。2011年3月11日。生まれ故郷の宮城を大地震が襲った。
名取市内の実家で両親と同居していた祖父・善太郎さん(享年83)と祖母・みつさん(享年80)は津波の被害に遭い、遺体で発見された。忘れたくても忘れられないあの震災から、あと2日で9年。星コーチに、思いを聞いた。(聞き手、構成・高橋 宏磁)

引用元: 【楽天】元巨人の星孝典2軍バッテリーコーチ、優勝と3・11にかける思い…祖父母が津波犠牲

3: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:33:06.23 ID:Uza6Sjlyd
 —2011年3月11日。星コーチは巨人の一員だった。あの日のことを振り返ってもらえますか?

 「僕はジャイアンツ球場(川崎市)の室内練習場で練習していました。マシン打撃で打ち込んでいたんですけど、自分と正対していたマシンが横を向いた。それぐらい、揺れましたね。ボールがどこに飛ぶか分からないので、慌ててマシンを止めて。室内にいるのが怖かったので、外に出ました」

 —東北地方を大地震が襲ったことを知ったのはいつ?

 「揺れが収まって、クラブハウスに戻ってからですね。テレビでニュースを見て。震源が東北だと知った。球場の固定電話からも携帯電話からも、何度も何度も家族に電話したけど、全くつながらなくて。
諦めずにかけ続けたら、たった1度だけ『この電話は、つながりません』というようなアナウンスが流れた。そこで違和感を感じました。ニュースで津波を見て、家の電話線が切れてしまったのかなと。じゃあ家は無いなと思いました」

4: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:33:22.67 ID:Uza6Sjlyd
 —震災発生から約1時間後、宮城県名取市の実家は津波で波にのみ込まれた。

 「母は仙台空港に避難して無事でした。父は地元で消防活動をしていたので、住民の方に避難を促していた時に津波が来たみたいで。その途中で、家の近くの集会所の屋根の上に逃れた。偶然にも、僕が使っていたソファベッドがそこに流されてきたみたいで。それを拾って、寒さをしのいで。その日は雪が降っていたので、何人かと一緒に肩を寄せ合って、一夜を過ごしたと聞きました」

 —祖父母が亡くなったことを知ったのは?

 「震災の翌日か、翌々日か。いつ家族と連絡が取れたのかは定かではないですけど、再び家族と連絡が取れた時に、祖父母が避難できなかったことを知りました。1週間後ぐらいに、遺体で見つかったと聞きました。気持ちのぶつけるところが見つからないというか、やりきれない気持ちでしたね」

5: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:33:46.88 ID:mffr7ctxd
あかん、もう泣けてくる

6: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:33:48.63 ID:Uza6Sjlyd
 —祖父が大好きだった?

 「よく祖父に言われたのは『人様に迷惑をかけるような人間にはなるな』ということ。自分の人生において大きな言葉です。目指すべき姿というか。いつも応援してくれたのに、巨人時代は1軍でプレーしている姿を見せられなかった。それは心残りですね」

 —あれから9年が経過しようとしている。今はどんな思いがある?

 「僕は直接、被災した人間ではない。もちろん、家族を失った悲しみはありますけど、実際に被災した方に比べたらね。どれだけ揺れて、どれだけ怖い思いをしたのか。
そこは経験していない。間接的に被災したようなものなので。言葉はおかしいかもしれないけど、その場にいられなかった申し訳なさというか。当時は東京にいて(家族と)一緒に生活はできなかったけど、もしも一緒に暮らしていたら、何かできたのではないか。近くにいたら(祖父母を)おぶってでも避難させられたのではないか。
遠くにいたからこその無力さは、いびつな形で残っています。自分は被災もしてないし、何もできなかった。変なもやもやは、ずっとあります。直接被災した訳ではないから、こういうことを言っていいのかという気持ちもある」

 —震災から約2週間後には、大量の支援物資を持って名取市と南三陸町の避難所を訪問された。

 「南三陸町が一番支援物資が足りないということだったので。物資を持っていくのが、最大の目的だった。だけど、いざ訪問した時に感じたのは、プロ野球選手の肩書きとして行ったところで、何も役立てることはないということ。
直接できることがないのであれば、プロ野球選手として心を動かすようなプレーをしたいと思いました。そういう意味で2013年、イーグルスが優勝した時、スタンドが大歓声に包まれたのを見て『良かった』と思えた」

7: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:34:19.67 ID:Uza6Sjlyd
 —2013年、楽天が球団史上初のリーグ優勝と日本一を成し遂げた。当時は西武に在籍していた。

 「楽天がリーグ優勝を決めたのが、西武ドームでした。もちろん選手としては、負けたくない気持ちがあった。ただ仙台人としては、仙台にいいニュースが届くことを、心のどこかで望んでいましたね」

 —今季から楽天に入団した。

 「選手としては在籍したことがない球団。不安はありましたけど、育った町ですし、大好きな町。奥さんも高校の同級生なので、仙台はやはり特別です。仙台に戻って、野球に携わるということに対して、友達や知り合いもすごく喜んでくれた。
仙台の象徴としてイーグルスがあると思う。選手として直接プレーできる訳ではないけど、少しでも貢献できたら。2013年は他チーム(西武)に在籍していたので、やはり手放しでは喜べないところがあった。でも今は、イーグルスの優勝を心の底から喜べる状況にある。そこに貢献したい。優勝したいですね」

8: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:34:40.79 ID:Uza6Sjlyd
 ◆星 孝典(ほし・たかのり)1982年5月4日、宮城・名取市生まれ。37歳。仙台育英では2、3年と夏の甲子園に出場。東北学院大では2学年下の岸孝之投手(現楽天)とバッテリーを組んだ。2004年ドラフト6巡目で巨人に入団。
11年5月に金銭トレードで西武に移籍した。16年オフに一度は現役を引退、17年から2軍育成コーチに就任。19年5月、コーチ登録を解除して育成選手契約を結んだが同年オフに戦力外通告を受け、現役を引退。通算138試合に出場し、打率1割9分1厘。175センチ、82キロ。右投右打。

9: 風吹けば狗鷲 2020/03/09(月) 18:35:09.54 ID:Uza6Sjlyd