1: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:29:14.11 ID:vCm42ULK0

2: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:29:23.25 ID:vCm42ULK0
 新型コロナウイルス感染後、髪や皮膚などに異変が生じたという報告は多い。プロ野球の近鉄、日本ハム、楽天で監督を歴任した梨田昌孝氏(67)は昨年3月に感染し、ICUでの治療を含む50日間の入院生活を経験した。PCR検査で陰性が確認されたあとも様々な後遺症があったというが、そのひとつが脱毛だった。梨田氏が振り返る。

3: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:29:34.86 ID:vCm42ULK0
「びっくりするくらい抜けましたね。入院中もそうですが、退院後も風呂場で髪を洗うと、ごっそりと抜けた。朝起きて枕元を見て、抜け毛の多さに驚いたこともありました。当時はかなりショックでしたね」

 脱毛の症状は退院後も3か月ほど続いたという。

「これまで使ったことがなかった育毛剤も試すなどしました。そういった薬剤の効果なのか、時間が経って症状が和らいだのかは分かりませんが、いまは感染前の状態に戻っています」

 その他に国内外の研究で指摘されている外見にかかわる後遺症としては、結膜炎のような目の充血や体重減少が挙げられる。

4: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:29:49.98 ID:vCm42ULK0
 梨田氏は100kg近くあった体重が、ICUでの治療を経て16~17kg減ったという。

「入院から3週間ほどして起き上がれるようになったタイミングで、久しぶりに鏡で自分の顔を見て驚きました。頬がこけ、髪に一気に白いものが目立つようになっていた。10歳以上も老けたような感じでした」

 重症化すれば寝たきりの状態が一定期間続き、筋力低下などに伴う体重減少が生じるわけだが、元の状態に復帰するまでには時間を要する。梨田氏はこう語る。

「退院から9か月が過ぎようとしていますが、リハビリやトレーニングを重ね、なんとか元の体重に近づいてきた状況です」

引用元: コロナ感染経験の梨田昌孝氏 体重17kg減、脱毛は3か月続いた

5: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:30:27.72 ID:vCm42ULK0
no title

梨田昌孝氏がコロナ回復後の症状を振り返る

17: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:22.75 ID:lDQgcVTTd
>>5
フサフサじゃねーか

6: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:30:39.95 ID:8uUirFhmr
抜け毛は嫌やな

9: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:31:05.22 ID:y1dGcPerd
梨田!😭(応援)

10: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:31:30.53 ID:G7uBN2d30
梨田の年齢層でICU入って生還できた例は少ないらしいな
まぁ流石に元プロ野球選手の身体と言うことか

11: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:04.12 ID:wNS3jjRt0
100kg近くあったのは、それはそれでまずいだろ
むしろ体重は減ってよかったんじゃない

12: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:08.78 ID:QjOqhPlw0
67で100キロとかそっちのほうが大丈夫なのか

13: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:10.68 ID:6EmsIVM7a
マジかよ・・・
ワイも感染したら体重二桁になってまうんか・・・

14: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:17.14 ID:DgH8TdAZ0
30kgくらい痩せないとコロナ関係なく死ぬやろ

15: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:17.81 ID:dc4NmNyzM
後遺症でハゲるとかヤバすぎやろ

18: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:42.94 ID:vCm42ULK0
「今も指がしびれて……」元近鉄・梨田昌孝氏が「10か月後も続くコロナ後遺症」を告白

https://news.yahoo.co.jp/articles/10ab4b58d03571fc352c393123d530df9d3b1cd7

19: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:32:59.93 ID:vCm42ULK0
 プロ野球の近鉄で現役時代は捕手として活躍し、引退後は近鉄、日本ハム、楽天で監督を歴任した梨田昌孝氏(67歳)。昨年3月に新型コロナウイルスに感染し、重症化して一時は集中治療室(ICU)で治療を受けた。幸いにも一命を取り留め、同5月に退院したが、その後も長く「後遺症」と思われる症状に悩まされていることを『週刊ポスト』(2月8日発売号)のインタビューで明かした。

20: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:33:11.16 ID:vCm42ULK0
 梨田氏が体調の異変に気付いたのは昨年3月25日のことだった。体のだるさを感じ、体温を測ると37度あった。4日後の同29日には味覚障害を感じ始め、翌日には熱が39度まで上がる。病院へ向かったが、どんどん息苦しさを感じるようになった。救命救急センターに転送され、ICUで人工呼吸器の装着が必要になるまでに容態は悪化する。

 翌31日のPCR検査で陽性となり、「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」と診断された。幸いなことに投薬治療で症状が改善し、4月14日には人工呼吸器が外れる。5月に入って一般病室に移り、退院して自宅療養を始めたのは5月20日のことだ。入院生活は50日間に及んだ。梨田氏が振り返る。

「集中治療室を出た時は、想像以上に筋力が落ちていました。2週間ほど意識がなかった状態を含め、ベッドに寝ているだけの日々が3週間くらい続いた。もともと100kg近くあった体重は16~17kg減りました。(体が)ペラペラでしたね。バランス感覚、平衡感覚もなく、歯茎までやせていた」

21: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:33:26.79 ID:vCm42ULK0
◆スマホが重くて持てない

 想像以上の「筋力の低下」は、元プロ野球選手として60代後半になっても体力には自信があっただけにショックが大きかったという。

「一人で起き上がって座ることもできず、スマホでさえ重くて持てない。こんな重いモノを持って電話をかけていたのかと驚きました。自信があった握力もガクッと落ちていた。コロナになる前は70kgくらいの握力がありましたが、ペットボトルのキャップですら開けられないんです。指で押して錠剤をシートから出すこともできない。こんな状態から社会復帰できるのかと凄く不安になりましたね」

 当初は声もうまく出せなかったという。

「人工呼吸器を入れていた時に長く喉を動かさなかったためなのか、気道が塞がって炎症などを起こしていたのか、原因はよくわかりません。自分は低音の渋い声だと思っていたんですが、喉がくっついたような感じで高い声しか出なかった」

22: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:33:38.81 ID:vCm42ULK0
 梨田氏は声の変調について「コロナというより人工呼吸器をつけていた関係での後遺症ではないか」と振り返るが、飛沫感染するというコロナの特性上、ICUから出たあとも病室に人が長くいる状態は忌避される。他人との会話する機会がなかなかないので、部屋で一人の時にテレビをつけ、ゲストに質問するアナウンサーの声などに応答して、“声のリハビリ”に取り組んだという。

 週刊ポストでは、〈コロナ後遺症 いま分かっていることのすべて〉と題した大特集を組み、様々な後遺症を経験した感染者の声、専門医によるメカニズムなどの解説、現段階で注目されている改善法などを詳報した。同特集では梨田氏も、PCR検査で陰性となって退院したあとに「脱毛」などの後遺症を体験したことを明かしているが、それ以外にも後遺症と思われる症状は多岐にわたったという。

「原因ははっきりしないのですが、コロナから回復したあとに不整脈が出ました。毎年受けている検査では一度も指摘されたことがなかったが、ICUから出たあとの検査では、かなりの不整脈があると言われました。コロナが原因なのかとドクターに聞いても、一概には言えないとの答えだったので、やはりまだわからないことが多い病気なのでしょう。結局、電気ショックの治療を受けたことで不整脈は治りました」

23: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:34:04.10 ID:vCm42ULK0
◆今も残る「中指、薬指、小指のしびれ」

 PCR検査で陰性となって退院しても、それで終わりにならないのが新型コロナの恐ろしいところだ。梨田氏は退院後の体調管理についてこう話す。

「当初は1か月に一度、今も3か月に一度の検査で全身をチェックしてもらっていて、心肺機能は正常です。ただ、ボクは肩やヒザの関節に現役時代の古傷があるんですが、その古傷に痛みというか違和感が生じる時がある。あと、左右の手の中指、薬指、小指の3本にしびれるようなこわばりがあります。特に右手の症状がはっきりしている。痛くはないし、ちゃんと動くのですが、違和感が消えない。

 退院後に精神的な落ち込みなども経験しましたが、周囲の温かい言葉もあって、だんだん前向きに考えられるようになった。そうやって時間が経過するとともに回復していく症状がある一方で、指先のしびれや古傷の違和感は消えないので、こちらは一生ものかなと思っています」

25: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:34:24.75 ID:vCm42ULK0
 病院で意識が戻った当初、PCR検査は2日に1回のペースで計8回受けた。一度は陰性になっても、また陽性になるなどを繰り返したというが、陽性の結果が出ていた時期から、筋力を取り戻すリハビリに取り組んだ。

「リハビリの先生は防護服を着たりして大変だったと思いますが、そのおかげで比較的早く筋力が戻ったのだと思います。ベッドから立つ練習、ベッドに寝たまま腰を浮かせる練習、壁に手をついてかかとを上下させる運動などの簡単な動きから始めましたが、それも補助してもらってようやくできる状態でした」

 退院後は、外出はできるだけ控えて、バーベルを持ってマンションの廊下を歩いたり、エアロバイクを使ったりしてトレーニングを重ねた。

「ベランダで日光浴もしましたし、スクワットや腹筋、腕立て伏せもした。マンション内を8000歩、1万歩と歩くこともあった。だんだん負荷をかけるようにして、体重もかなり戻りました。食欲も出てきたし、お酒も飲めるようになった。そういう状態になるまでに4~5か月はかかりました。

26: 風吹けば狗鷲 2021/02/10(水) 13:34:36.13 ID:vCm42ULK0
 今は前向きにならなきゃいけないと思っています。野球もキャンプが始まり、開幕しますからね。自分でできることが増えれば自信もつく。もちろん、まだまだ体調管理で油断はできないし、社会のためにも感染予防に努めないといけないと思っています」
 
 梨田氏は、「医療従事者の方々には心から感謝しています。私も、自分の体験を話すことなどを通じて、微力ながら社会に貢献したいと思っています」と締めくくった。