狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    5茂木栄五郎

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/13(月) 10:18:51.43 ID:sy71uPCtd
    <楽天3-1西武>◇12日◇楽天生命パーク

     引き分け寸前の12回裏1死一塁。楽天茂木がひと振りで決めた。1ボールから西武斉藤大の内角低めスライダーを強振。
    打球は右翼スタンドに飛び込む、自身初のサヨナラ打となった。平石監督代行も「負けるよりは引き分けと思ってたんですが、あんなすごい当たりが出て。連敗していただけに本当に良かった」ともろ手をあげて喜んだ。



     今季はこの試合まで打率2割4分3厘と低迷。昨年11月にクリーニング手術を受けた右肘をはじめ、コンディション不良で理想のスイングができないことも多かった。それでもスタメンで起用され続けたことを意気に感じ、結果で応えた。
    「体の状態が悪い中で試合に出させてもらっているので(首脳陣から)気持ちだけは強く持って試合に出てくれと言われていた。今日は勝ちにつながる1本が打てて本当に良かった」とホッとした様子で話した。

     斉藤大は桐蔭学園の後輩で、特徴も分かっていた。「高校時代は頼もしい後輩で。大学に行って敵になって、ずっと苦しめられてきて。プロになって先輩の意地を結果で出せたのは良かった」。先輩の面目を保ち、笑顔を見せた。【千葉修宏】

    引用元: 楽天茂木「意地」高校時代の後輩から初サヨナラ弾

    【楽天茂木「意地」高校時代の後輩から初サヨナラ弾 】の続きを読む

     楽天・茂木に外野手兼任プランが浮上した。22日の日本ハム戦に向けて、本拠地で全体練習を行い、遊撃手のレギュラーは打撃練習の合間に外野ノックを受けた。平石監督代行は「不測の事態に備える意味もある。いろいろなポジションができた方が、本人にとってもいい」と、意図を説明した。

     茂木は2年目の昨季、パ・リーグ3位の打率・296、17本塁打、47打点を記録した打撃が売り。昨オフに右肘のクリーニング手術を受けた影響もあり、今季は打率・247、4本塁打、12打点と本調子とは言えないが、打線の中心であることは変わらない。カバーできる守備位置が増えれば、茂木自身の打席数を増やすことや、選手起用のバリエーション増につながる。

     新人だった16年に三塁で一度出場したことはあるが、それ以外はDHを除けば全て遊撃手。外野手は初めてで、練習では打球の落下地点の見極めに戸惑う場面もあり「打球が意外と伸びたりして、凄く難しい」と顔をしかめたが「いろいろ守れることはいいこと」と前を向いた。

     梨田昌孝監督辞任に伴い監督代行に就任後は2戦2勝の平石監督代行は「打線をできれば固定したい。田中、茂木の1、2番がキーマンになる」と最下位からの巻き返しへ茂木に大きな期待を寄せている。(黒野 有仁)

    【楽天・茂木、外野兼任プラン 平石監督代行「不測の事態に備え」】の続きを読む

     5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-楽天戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、楽天・茂木栄五郎の本塁打を放った次の打席に苦言を呈した。

     3回の第2打席に第3号2ランを放った茂木だが、6回一死走者なしの第3打席は初球のカーブに一ゴロに倒れた。これに谷繁氏は「ホームランを打った次の打席に、カーブを無理矢理打ってファーストゴロ。打つ必要がないですよ。カーブを狙って振ってファーストゴロなら仕方がない。でもあの打ち方は待っていないです」とチクリ。

     「これが今の楽天打線を象徴している気がしますね。もっとじっくり攻めるべきだと思います」。この日は巨人に勝利したが、楽天はチーム打率リーグワーストの.232、162得点と繋がりを欠いている。

     セ・パ交流戦開幕会見に楽天・茂木も出席。開幕2戦目となる30日に対戦が予想されるDeNA・今永打ちを宣言した。

     茂木と今永はともに大卒3年目の同学年。1番での起用が濃厚な茂木は、プレーボール直後に対戦することが濃厚で「真っすぐをはじき返したい」と予告した。チームは最下位に沈むが、交流戦は3年連続勝ち越し中。上位との差を縮めるべく「いい流れに乗って、浮上をするきっかけを作りたい」と気合を入れた。


    5/11(金) 12:03配信

    週刊ベースボールONLINE

    楽天・茂木栄五郎内野手「ホッとしたのを覚えています」

    プロ野球12球団の選手やスタッフに自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「思い出の初〇〇」です。



     いろいろありますけど、一つ挙げるならやっぱりプロ初安打だと思います。プロ1年目の開幕2戦目ですね。ここ(Koboスタ宮城=当時)でのソフトバンク戦で、ピッチャーはバンデンハークでした。フルカウントからファウルで粘って、最後はストレートを打って右中間三塁打。結構、鮮明に覚えていますよ。とにかく思い切りいこうとは思ってたんですけど、やっぱり、相当うれしかったんでしょうね(笑)。

     ルーキーで開幕戦からスタメンで使ってもらったのに、初戦はヒットが出なかったんですよ(4打数無安打)。それで、なかなか落ち着かなかったんだと思います。打ったのは、2戦目の第1打席でしたからね。すごくホッとしたのを覚えています。

    写真=井沢雄一郎

    【楽天・茂木栄五郎内野手「ホッとしたのを覚えています」/思い出の初○○】の続きを読む

    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。

    ロッテ・菅野剛士外野手

     楽天の茂木(栄五郎)と日本ハムの横尾(俊建)は武蔵府中リトルシニアで一緒のチームだった幼なじみです。茂木が一番で三、四番が僕と横尾。2人とは東京六大学リーグ、プロとチームは違えど、同じ道を進みました。彼らは大学卒業と同時にプロへ進みましたが、自分は社会人野球を経てのドラフト。負けてはいられないです。

     それと今、使うバットは茂木のモデルなんです。向こうのほうが経験も多いし、社会人1年目のとき、「どんな形を使っているの?」と触らせてもらってから、気に入って使うようになりました。

     重心がヘッドのほうにあり、しっかりと振らなければスイングできない。自分もしっかり振るタイプなので、合っているのかなと思います。

    【ロッテ・菅野剛士外野手「幼なじみの茂木と横尾には負けていられない」/ライバル】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/29(木) 10:01:46.72 ID:/g0gMlPQ0
    no title


     楽天の茂木栄五郎内野手(24)が28日、全快を宣言した。昨年11月の右肘手術から21日に1軍合流。オープン戦4試合に出場し14打数4安打、打率2割8分6厘と結果も残し、手術の影響がないことを強調した。
    あす30日の開幕戦(対ロッテ、ZOZO)では「1番・遊撃」でのスタメン出場が決定的。初球から100%のフルスイングで、開幕ダッシュを狙う。チームは仙台での練習後、開幕の舞台となる千葉へ移動した。


     時折笑みも見せながら、茂木は軽快に打球を追った。快晴の楽天生命パークで行われた全体練習。遊撃でのノックに時間を割き「(手術の影響は)全くないんですけど、スローイングは足らない部分。キャンプから守備には時間を使ってきたので」。基本的な動きを確認し、開幕前最後の本拠地練習を終えた。

    引用元: 【楽天】茂木、開幕戦へ「1打席目の初球から100%」昨年11月手術の影響なし

    【【楽天】茂木、開幕戦へ「1打席目の初球から100%」昨年11月手術の影響なし 】の続きを読む

    このページのトップヘ