狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    5茂木栄五郎

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/09(土) 13:55:47.90 ID:qKRnSYJw0
    115C7B1A-7D12-4328-BECF-5B5959E3D68E

    1軍の練習に参加し、遊撃手として投内連係に取り組む茂木
    2軍キャンプで調整中の茂木が、1軍の守備練習に参加し軽快な動きを披露した。終了後は「アウェー感が半端じゃなかった。疲れました」と笑顔を見せた。

     2軍では攻守に格の違いを見せている。フリー打撃やロングティー打撃は力強いスイングで次々と柵越えを放つ。巨人から移籍してきた橋本も「打撃の技術は別格」と驚く。

    守備でも積極的に声を出し、プレー中に気付いたことがあれば、チームメートに助言するなど引っ張っている。
     キャンプで重点的に取り組んでいるのが、「課題」と自覚するスローイングだ。
    基本のキャッチボールからしっかり投げることを意識し、守備練習では捕球してから送球するまでの動作を繰り返し確認する。
     三木2軍監督は「一番元気がある。動きを見ても自主トレーニングをしっかりしてきた印象を受ける。走攻守全てで状態はいい」と太鼓判を押す。

     ただ、茂木自身は「2軍でまずは心身を鍛えて、1軍に上がったらけがを気にせず、思い切ってプレーできるようにしたい」と慎重に構える。
     シーズンを通して1軍の戦力になるため、攻撃的遊撃手はじっくり牙を研いでいる。(中村紳哉)
    5447E645-ABF1-4613-991E-0B2321B41E7C

    https://sp.kahoku.co.jp/sports/eagles/20190209_02.html
    https://i.imgur.com/40i9V6T.gif

    引用元: 元巨人橋本「楽天・茂木のバッティングは巨人の選手と比べても別格」

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/25(金) 16:22:12.48 ID:8SPTxNvP0
    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ライバル」です。


    no title

    楽天・茂木栄五郎内野手
     今年に関して言うなら、チーム内では内野手の全員がライバルです。ショートで143試合に出たいし、一番を打ちたい気持ちもある。(打順は)田中和基といい争いをして、チーム力が上がっていけば、と思っています。

     もともと、ほかのチームの人も含めて、同学年の選手は全員がライバルだと思っています。やっぱり同学年の選手には負けたくないですし「僕も頑張ろう」と、いい刺激をもらえる。
    中でも、オリックス・吉田正尚が活躍していると励みになりますね。大学日本代表からの付き合いで、たまに連絡も取り合っています。大学のときから、打撃でも参考になる部分がある。年明けに「今シーズンもお互いに頑張ろう」と誓い合いました。

    引用元: 楽天・茂木栄五郎内野手「吉田正尚の活躍が励みになります」

    【楽天・茂木栄五郎内野手「吉田正尚の活躍が励みになります」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/25(金) 15:56:15.18 ID:8SPTxNvP0
    no title

    自主トレを公開し、報道陣の取材に応じる楽天・茂木
     楽天・茂木栄五郎内野手(24)が25日、母校・桐蔭学園高(神奈川)の16年ぶり6度目となるセンバツ高校野球(3月23日から12日間・甲子園)出場決定を喜んだ。

     1971年夏の甲子園では初出場初優勝を飾り、前巨人監督の高橋由伸氏(43)=スポーツ報知評論家=らを輩出した神奈川の名門も近年は低迷。茂木も甲子園出場はかなわなかったが、昨秋の関東大会を制して後輩が16年ぶりとなる念願の切符を手にした。
    この日楽天生命パークの室内練習場で汗を流した茂木は「僕らの代も出られなかったので率直にすごいなという思い。おめでとうという気持ちが強い」と祝福した。

     後輩たちへ向けては「もちろん勝ってほしいという気持ちはあるけど、練習でやっていることを甲子園の舞台で思う存分楽しんで、自分たちの力を発揮して、楽しんで何かを感じてレベルアップしてほしい」とエールを送っていた。

    引用元: 【楽天】桐蔭出身の茂木、母校のセンバツ出場を祝福「甲子園で何かを感じてレベルアップしてほしい」

    【【楽天】桐蔭出身の茂木、母校のセンバツ出場を祝福「甲子園で何かを感じてレベルアップしてほしい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/12(土) 07:50:14.23 ID:tV2HudDA0
    no title



    自主トレを公開し、報道陣の取材に応じる楽天・茂木
     楽天・茂木栄五郎内野手(24)が11日、楽天生命パークの室内練習場で自主トレを公開。「1番・遊撃」で全143試合に出場することを目標に掲げ、昨季途中に「1番」の座を奪われた1年後輩の田中に挑戦状をたたきつけた。

     昨季はシーズン前に受けた右肘手術や9月に左肩を痛めた影響で100試合の出場にとどまり、打率2割4分7厘、7本塁打、24打点。いずれも自己ワーストで、6月中旬からは主に2番を務めていた。「体はもう100%の状態。今年はショートで143試合に出たいし、1番を打ちたい気持ちもある。田中といい争いをして、チーム力が上がっていけば」と言い切った。

     最多出場は1年目の117試合で全試合出場は高い目標だが、今季は西武から浅村がFA加入し「試合に出続けている秘けつや勝負強さがどう生まれているかなど、色々と聞きたいです」。3年連続で全試合出場を続けている“鉄人”に弟子入りし、最強の二遊間コンビを結成する。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】茂木、後輩・田中に挑戦状!全試合「1番」で出る

    【【楽天】茂木、後輩・田中に挑戦状!全試合「1番」で出る 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/11(金) 14:35:36.07 ID:RtT8n2+A0
    no title

    自主トレを公開した楽天茂木
    楽天茂木栄五郎内野手(24)が11日、楽天生命パークで自主トレを公開。今季は「1番遊撃」を必死でつかみにいくことを誓った。

    出場試合数は1年目の117試合が最高だが「ショートのレギュラーとして1シーズン出続けたい。143試合? 全部出たいですね」と宣言。
    打順も「昨シーズン、田中が1番で良い戦績を残しましたけど、僕も1番で出たい気持ちもある。良い争いをしてチーム力が上がっていけば」と新人王の田中に宣戦布告した。

    昨季は開幕前に右肘クリーニング手術を受けて出遅れ、打率、本塁打、打点など、ほぼすべての成績で自己ワーストに終わった。9月には守備で飛び込んだ際に左肩を故障。平石監督も「ショートのレギュラーは白紙。茂木も遊撃以外や外野を守らせることも考えないと」と発言していた。

    現在は右肘も左肩も問題ない状態だという。ケガしない体作りのため重点的にウエートトレーニングも行っており、下半身や腰を強化するメニューにより「下の力で打撃もキャッチボールも守備も良くなってきていると思えている」。
    打撃練習でも力強い打球を連発し「しっかり打てたら柵は越えてほしい。打球に角度がついた時にはスタンドに入れたいという気持ちは強く持っています」と本塁打増にも意欲を見せた。【千葉修宏】

    引用元: 楽天茂木「1番遊撃」つかむ 新人王田中に宣戦布告

    【楽天茂木「1番遊撃」つかむ 新人王田中に宣戦布告 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/09(水) 11:59:12.10 ID:YLUyFKgv0
    【楽天】茂木「キャンプ1軍でやりたい」正月無休トレ、左肩不安なし
    www.hochi.co.jp_photo_20190109_20190109-OHT1I50031-L

     左肩痛からの復活を目指す楽天・茂木栄五郎内野手(24)が8日、正月も“無休トレ”を続けていたことを明かし、万全をアピールした。
    2日連続で楽天生命パークの室内練習場で練習。ティー打撃で約130スイングした後、マシン打撃で約60スイングと本格的な打撃練習を行った。「元旦から、ほぼ休みなく練習していた。状態はいいです」と意気込んだ。

    引用元: 【朗報】楽天茂木完全復活 急きょ春キャンプ一軍へ

    【【楽天】茂木「キャンプ1軍でやりたい」正月無休トレ、左肩不安なし】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/03(木) 15:11:44.22 ID:jUVJaD9w0
    no title


    春季キャンプは二軍スタート!?
     新年を迎え、2月1日のキャンプインまで約1カ月。来るべき新シーズンに向けて、選手たちも国内外の各地で自主トレをスタートさせている。特に2018年シーズンを不本意な成績で終えた実力者たちは、例年以上に期するものがあるだろう。

     石井一久GMの下で生まれ変わろうとしている楽天の茂木栄五郎も「そのひとり」だ。プロ入り2年目の2017年には、打率.296(398-118)、17本塁打を記録しリードオフマンとしてチームを牽引。チームのクライマックスシリーズ出場に貢献した。
    しかし2018年は故障もあり規定打席に達せず、打率.247(361-89)、7本塁打と精彩を欠いてしまう。その悔しさをバネに、2019年は再び正遊撃手として大暴れする腹づもりだったはずだが、シーズン終盤に負傷した左肩の回復が遅れており、春季キャンプは二軍スタートが濃厚と見られている。

     二塁を守る浅村栄斗が西武からFAで加入したことで、守備職人・藤田一也が遊撃に回り、茂木の穴を埋める“最有力候補”となるか。ただ、藤田も2019年には38歳となる大ベテラン。本来であれば若手選手の台頭に期待を寄せたいところだろう。

    楽しみな若手の存在も
     楽天の若手遊撃手候補となると、2年目の西巻賢二と山崎剛、4年目の村林一輝、ルーキーの渡辺佳明(明治大)といった面々に加え、8年目の三好匠もいる。

     なかでも西巻は、2018年に高卒1年目ながら25試合に出場し打率.247(77打数19安打)の成績を残した。本塁打こそないものの、この打率は清宮幸太郎(日本ハム)や安田尚憲(ロッテ)、村上宗隆(ヤクルト)といった同期のドライチたちの数字を凌ぐもの。守備の負担が大きい二遊間を守り、尚且つ高卒新人でのこの結果は評価に値する。

     身長180センチの大型遊撃手として期待されている村林は、2018年に高卒3年目を迎えたが、プロ初打点をマークするなど28試合に出場した。そして、キャリアハイの70試合に出場したのが三好匠。2019年は高卒8年目の26歳となる。課題の打撃面を改善できるか、勝負のシーズンとなりそうだ。

     その他にも、横浜高の元監督である渡辺元智氏を祖父にもつルーキーの渡辺にも注目したい。現時点では話題先行の感も否めないが、大学生活最後のリーグ戦では首位打者を獲得し、遊撃手でベストナインを受賞。六大学4年間での通算打率も3割を超えており、その期待は大きい。


     茂木の故障は痛手だが、2018年の終盤には前述した西巻、村林、山崎といった若手が出場機会を得て一軍の舞台を経験した。ベテランの藤田が茂木の穴を埋めるのではなく、若手がポジションを奪うような状況になれば、チームも活性化されるはず。茂木が故障から戻ってきても、簡単にレギュラーの座を明け渡さないような状況をつれれば成功と言えるだろう。。

     遊撃手は守備の要ともいえるポジション。レギュラーの茂木が出遅れるようなことになれば、チームにとって打撃となるのは間違いない。しかし、最下位から上位浮上を目指すためには、ここに名前を出したような若手選手たちの奮闘が必須。浅村の加入が何かと話題になっているが、キャンプで繰り広げられるであろう、彼らの熾烈なポジション争いからも目が離せない。。

    引用元: 楽天・茂木栄五郎の穴を埋めるのは!?

    【楽天・茂木栄五郎の穴を埋めるのは!? 】の続きを読む

    このページのトップヘ