狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    8今江年晶

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/02(木) 13:31:25.49 ID:WnODXWef0
    間に合ったな
    IMG_20180802_150149

    引用元: 今江年晶(楽天)率.283(293-83) 本8 点39 OPS.747

    【今江年晶(楽天)率.283(293-83) 本8 点39 OPS.747 】の続きを読む

    6DCAFAD8-7905-452C-BB96-24D9D3B43077

    <西・楽>5回無死、今江が左越えにホームランを放ち笑顔でベンチに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
    パ・リーグ 楽天7-2西武(2018年7月20日 メットライフ)

     楽天は今江&渡辺直の活躍で西武のエースである難敵・菊池を攻略した。

     まずは今江。0―0の5回、先制の7号ソロを左翼スタンドに叩き込んだ。「投手戦できていたし、連打は難しい。本塁打で点を取ってチームに流れを持ってこられて良かった」。そして「(菊池と)相性のいい(渡辺)直人さんに教えてもらいました。直人さんのおかげです」と付け加えた。

     今井は6回無死一、三塁でも右前適時打を放ち「渡辺直人打法です」と笑顔。「直人さんは(菊池の)ボールを見切っていた。どうやって打っているのか?」と、技術面のアドバイスをもらったという。

     さらに6回1死満塁の場面では、渡辺直自身が右中間に3点三塁打。「師匠」の貫禄を示したが「アドバイス?今江がうまく打ったんだよ。4番の仕事をきっちりね」と、こちらも笑顔で話した。 

    9

    【全パ-全セ】七回表全パ2死一、二塁、今江が右前適時打を放つ=リブワーク藤崎台球場で2018年7月14日、徳野仁子撮影
     ○全パ5-1全セ●(第2戦・リブワーク藤崎台)

     2013年以来3度目、楽天では初出場だった今江が代打で適時打を放ち、リーグ戦と変わらぬ勝負強さを見せた。2点リードの七回2死一、二塁、追い込まれながらも外角直球を「コンパクトに」とベテランらしく右前へ運んだ。第1戦は8番・三塁で先発しながら快音なしに終わったこともあり、「昨日は3(打数)の0(安打)だったのでうれしい」と笑顔をみせた。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/07/10(火) 23:43:27.13 ID:l500T72Id
    打率 .294 試合 69
    打席 255 打数 235
    安打 69 二塁打 8
    三塁打 2 本塁打 6
    塁打 99 打点 34
    得点 26 三振 49
    四球 16 死球 1
    犠打 0 犠飛 3
    盗塁 0 盗塁死 2
    併殺打 8 出塁率 .337
    長打率 .421 OPS .759
    得点圏 .340 失策 1

    no title

    引用元: 今江年晶.294 6本34点.759

    【今江年晶.294 6本34点.759 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/07/02(月) 16:03:29.63 ID:d7BRbbEA0

    23: 風吹けば狗鷲 2018/07/02(月) 16:05:31.16 ID:R65Ssylar

    no title

    no title

    楽天今江、監督推薦で球宴「若い子に話を聞きたい」

     
    6

    日刊スポーツ

    マイナビオールスターゲーム2018:監督推薦>◇2日

     楽天今江年晶内野手が、監督推薦で選出された。今季はここまで64試合出場でチームトップの打率2割9分6厘、5本塁打、29打点。6月17日の阪神戦から4番に座り、勝負強さを発揮してきた。

     印象に残っている過去の球宴について問われると「やっぱり新庄さんとか、すごかった。こうやって準備しているのかと思った」と振り返った。今回に向けて意気込みを問われると「年齢的にも上の世代。若い子たちに、いろいろな話を聞きたい」と話した。



    引用元: 監督推薦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    【オールスター監督推薦で今江選手が選出!!】の続きを読む

    20180623-OHT1I50124-L


    「ガールズデー」でピンクに染まったスタンドの声援を
    受け、4回に勝ち越しの5号ソロ本塁打を放った今江(投手・高梨)
    20180623-OHT1I50123-L

    お立ち台でのヒーローインタビューを終え、始球式を行ったアンジュルムの佐々木莉佳子(左から3人目)、モーニング娘。’18の石田亜佑美(同4人目)とポーズをとる今江(同2人目)と岸

    ◆楽天3―2日本ハム(23日、楽天生命パーク)

     パ・リーグ最下位の楽天が、「ガールズパワー」を生かして逆転勝ちした。

     この試合は「イーグルスガールズデー」と銘打たれ、女性の来場者にはピンクのユニホームが配布され、一塁、二塁、三塁のベースもピンク色を採用。男性を含めた来場者全員にピンク色の応援グッズも配布され、いつもはチームカラーのクリムゾンレッドで染まるスタンドが、ピンク一色となった。

     女性ファンからの声援が本拠地にこだまし、平石監督代行は「球場がピンク色に染まって、いろんな所から黄色い声援が飛んで、選手のモチベーションも上がったと思う」と感謝した。

     8回2失点で7勝目を手にした岸が、お立ち台のヒーローインタビューで「いつもありがとうございます。去年(本拠地で)、勝てなかった分、今年はたくさん勝って皆さんにたくさん楽しんでもらえたらと思います」と感謝し、決勝の勝ち越し5号ソロを放った今江は「女性の皆さん、あしたからも球場に来て下さい!」と呼びかけていた。

    楽天・今江年晶内野手 最下位チームの希望の光。得意の舞台で巻き返しを/交流戦のキーマン

     好調のベテランが、交流戦のカギを握る。FA移籍3年目を迎えた今江年晶は、6月3日時点で打率.313、4本塁打、22 打点。本来の勝負強さを発揮し、チャンスで結果を残している。規定打席未満ながら打率3割超をキープし、打点もペゲーロに次ぐチーム2位。巻き返しを狙うチームにとって頼もしい存在だ。

     好循環が生まれている。4月は毎試合出場というわけではなかったが、アマダーの離脱もあり5月中旬以降はスタメンに定着。「打席にたくさん立てて、その中で自分で工夫したりしてやっていける。結果は出やすいと思う。疲れは残るけど、いい疲れ」とうなずいた。打席数が増えたことが好結果につながり、その好結果がさらに多くの打席をもたらしている。

     交流戦は得意の舞台だ。ロッテ時代には、打率.385をマークした2010年を筆頭に3割以上を6度マーク。データが少ない相手との対戦も苦にしないタイプで、セ・リーグ本拠の球場の狭さもプラスに働くという。交流戦の成績が、シーズンの成績とリンクしている年も多く、好調で突入する今季の交流戦は期待も大きい。

     チームにとっては巻き返しの舞台。「ウチは前半戦、本当にかみ合わなかった。かみ合ってくればガンガン勝っていけるような力も持っている。最終的にどうなってるかだと思うんで」。失速した昨季とは逆パターンを目指して、交流戦男が浮上のきっかけをもたらす。

    このページのトップヘ