狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    49・42ジャフェット・アマダー

     楽天の平石洋介監督代行(38)が9日の日本ハム戦(札幌D)の試合前に、6か月の出場停止処分が科されたアマダー内野手(31)について謝罪した。この日NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会が同選手に対し、18年8月9日から19年2月8日まで、6か月の出場停止処分を科すと発表。「こういう結果が出たことに、プロ野球ファンの皆さんもそうですし、イーグルスファンのみなさんにも、本当に携わってくれている方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と重々しく話した。

     アマダーは6月13日の中日戦(楽天生命)において行われた競技会ドーピング検査の対象選手となり、尿検体が採取された。7月23日に分析機関より、クロルタリドンとフロセミドの検出報告があり、アマダーの検体であることを確認した。ともに利尿作用のある薬物という。

     アマダーは8月3日に1軍選手登録を抹消。8月1日には本人の希望により、B検体の再分析を行ったが、翌2日に、A検体と同じ物質が検出されたことが報告された。「(抹消の時期と)B検体の検査結果が重なったのは事実。でもその数日前からアマダーが脇腹(痛)を訴えていて、実際パフォーマンスも2、3試合落ちていたので。ドーピングの件は抹消に関係ない「のは事実です」と指揮官は説明した。

     シーズン途中に起こったまさかの事態に指揮官も困惑。「一番最初に聞いたときは何とも言えないというか、何が起こったんやというか。利尿作用ってどこで何を口にしたのか、こればかりはどの選手もドーピングがある以上は細心の注意を払ってやっていると思いますけど。これはアマダー自身しか分からないことですし、もしかしたらアマダー自身も分からないことかもしれない」と神妙な面持ちで語った。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/09(木) 16:32:28.05 ID:5+6Mgx+P0
    no title

     身長193センチ、体重135キロ。周囲が圧倒されるほど、デカイ。プロ野球史上最重量と言うから、この大男ぶりは疑うところはない。


     チームメートからは「アマちゃん」の愛称で親しまれた。だが、内面はとにかくシャイで照れ屋さん。取材への受け答えも消えかかりそうな小さい声でボソボソと話し、球場中の視線を一身に受けるお立ち台でのヒーローインタビューは恥ずかしがって、基本的に上がることはなかった。

     日本人選手ともあまりコミュニケーションはとらないが、チームメートのウィーラーとは大の仲良しだった。試合の前後だけではなく、試合中もベンチではいつもとなり。
    元気いっぱいで明るい性格のウィーラーとは正反対のように見えたが、同い年とあって異国の地で言葉が通じる数少ない存在とあって、気を許していた。時にはささいなことがきっかけで大げんかをすることもあったが、仲良しの子供同士のような関係だった。

     心優しい一面もあった。今季の春季キャンプではある若手選手に対してサプライズで遠征中の宿舎の部屋に呼び出すと、「よく頑張っていたから」と高級財布をプレゼントしたという。豪快なホームランと、シャイながらたまに見せるキュートな笑顔が魅力的で、ファンからも愛された存在だった。(楽天担当・安藤 宏太)

    引用元: 【楽天】番記者が見た…「アマダーという男」

    20180809s00001173104000p_view


     プロ野球・楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)が9日、禁止薬物に陽性反応を示したとして日本野球機構(NPB)から6カ月の出場停止処分を受けた。これを受けて、楽天は謝罪し、自宅謹慎処分としたことを発表した。 


     楽天は「本日8月9日(木)付けで、NPB(日本プロフェッショナル野球組織)アンチ・ドーピング調査裁定委員会から、株式会社楽天野球団に対しまして、アンチ・ドーピング規定違反に対する制裁の通知がありました」と報告。「このたび、このような事態が起こってしまい、NPB、ならびにファンの皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけする事態となりましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

     アマダーは球団を通じてコメントを発表。「これまでの野球人生においてドーピング行為を行ったことは決してありません。禁止物質を意図的に摂取したことも一度もありません」とドーピングを否定し、「興奮剤や筋肉増強剤などを利用したこともなく、利尿剤や隠蔽薬を利用することも考えられません。過去数々のドーピング検査を受けてきましたが、全て陰性でした。今回の陽性反応には大変な驚きとともに、身に覚えのないことでとても不安でもあります」と心境を明かした。

     本人も「引き続き原因追及のための調査には全面的に協力していく所存です。皆さま、ご心配をおかけしていること申し訳ございません」と調査への全面協力を約束している。

    20180803-OHT1I50139-L

    近日中に右ひじの精密検査を受ける楽天・美馬

     後半戦12勝2敗で5位オリックスに1・5ゲーム差に迫った楽天は3日、美馬学投手(31)とジャフェット・アマダー内野手(31)が登録抹消されることになった。

     美馬は右肘の張りで、アマダーは右脇腹痛。美馬は7月17日のロッテ戦(ZOZO)後に右肘の張りを訴えて検査を受けたが、軽症だったため、一度は登録を抹消したが登板を1度飛ばしただけで2日のオリックス戦(京セラD)で先発した。5回72球で5安打2失点に抑えたが、試合後には「試合でまた違った張りもあったことはあった」と話していた。近日中に再度精密検査を受けることになった。

     アマダーは7月に11本塁打を放つなど絶好調だったが、無念の離脱となった。代わりにゼラス・ウィーラー内野手(31)と山崎剛内野手(22)が1軍に合流した。

    20180801s00001173093000p_view


     7月28日のソフトバンク戦の7回無死、左越え20号ソロ本塁打を放った楽天のアマダー

     楽天の夏男は今年も健在だった。アマダーが7月28日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で20号本塁打を放った。2年連続での大台を達成するとともに、月間11本の本塁打を記録。球団の助っ人記録(17年5月のウィーラーの10本)を更新し、1本及ばなかったが山崎武が07年5月にマークした球団記録の12本にも迫った。「自分のやるべき仕事をやって、勝利に貢献できてうれしい」とサラリと振り返った助っ人だが、16年の来日以来、毎年、夏場は得意としている。

     16年は9本塁打を記録したが全て7、8月に記録した。17年には7月22日のオリックス戦で球団史上初の3打席連続本塁打を記録。翌23日のオリックス戦ではサヨナラ本塁打を放つなど、うだる暑さも1メートル93、135キロの巨漢大砲にとって躍動の季節だ。平石監督代行は「良いときは軸足が折れないが、今は折れていない」とアマダーの好調ぶりを分析する。

     シャイで言葉数は少ないが、今季は2月の沖縄でのキャンプ中に休日返上でトレーニングをしてトレーナーを驚かせるなど、シーズン前から並々ならぬ意欲を感じさせてきた。7月31日のオリックス戦(京セラドーム)では6打数1安打3三振に終わったが、試合前の打撃練習ではスタンド上段への大飛球をバンバン飛ばし、球団スタッフらが感嘆の声を上げるなど、好調は継続。8月もきっとアマダーの季節になる。(黒野 有仁)

    1: 風吹けば狗鷲 2018/07/28(土) 03:14:25.88 ID:VV+6ydYC0
    なんかおしいな
    no title


    引用元: アマダー .277(195-54)本19打点40 OPS.950

    【アマダー .277(195-54)本19打点40 OPS.950 】の続きを読む


    F8744510-0624-4AB8-8203-01CC85C73EF5

    <ソフトバンク-楽天>◇27日◇ヤフオクドーム

     楽天ジャフェット・アマダー内野手(31)は7月に入って10本塁打を放っている。


     楽天の月間本塁打記録は07年5月山崎武の12本だが、外国人選手では17年5月ウィーラーの10本と並び最多。今日1発出れば、球団の助っ人では新記録となる。 

    このページのトップヘ