狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    54・71カルロス・ペゲーロ

     楽天にとって交流戦は、重要な期間となる。交流戦期間の勝ち星はその後のペナントレースを大きく左右するだけに、勝ち越すことはもちろん、ひとつでも多くの貯金を稼いでおきたいところだ。だが、初戦のDeNA戦(横浜)を終えたところですでに大きく後れを取ってしまった。

     5月29日の試合でパ・リーグの負けは楽天のみと、最も避けたかった状況を招いてしまう。さらに試合も8回表に1点差に迫りながらその裏、6失点と勢いを断ち切ってしまったのだ。何としてもこの状況を打破していきたいところ。そのためには攻撃陣の奮起が必要不可欠だろう。

     なぜなら投手はセ・リーグ本拠地では慣れないバッティングをしなければならない。DH制がないことは投手にとって有利と言えそうだが、エース・則本昂大はそこを警戒する。「できれば立ちたくない」と苦笑するほど、打席に立つときの恐怖は大きく、その中で送りバントなど、「成功させて当然」と思われがちな仕事もこなさなくてはならない。

     さらに、「相手がピッチャーだと、打ち取って当然、という雰囲気がありますから。それはちょっとイヤですよね」と続けた。投手を打席に迎えても、気が抜くことができないのだ。

     それだけに、得点をできるだけ多く取ってその負担を減らすことが重要となる。実際に昨年の交流戦で楽天は81得点(71失点)をマーク。1試合平均4.5得点と打ち勝つ試合が多かった。今年も失点をカバーできるだけの得点を稼がなければ厳しい戦いとなる。

     そこで期待がかかるのはペゲーロだ。昨季の交流戦では4本塁打、12打点と少し物足りないが、今季は4月終了時点で5本だった本塁打が5月の交流戦前までで7本を積み重ねるなど、調子を上げている。

     首位をひた走った昨季と打って変わって苦しみ続ける楽天だが、6勝19敗1分けと大きく負け越した3、4月に比べ、5月は交流戦前までに11勝10敗と盛り返してきた。その裏にペゲーロの復調も大きく関係しているだろう。勝負の夏に向け、この18試合で一気に上位との距離を縮めていきたいところだ。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/12(土) 21:56:51.16 ID:GZlkIQwz0
    打率 .207 試合 29
    打席 119 打数 111
    安打 23 二塁打 2
    三塁打 0 本塁打 9
    塁打 52 打点 19
    得点 13 三振 49
    四球 7 死球 0
    犠打 0 犠飛 1
    盗塁 0 盗塁死 0
    併殺打 2 出塁率 .252
    長打率 .468 OPS .721
    得点圏 .261 失策 0

    引用元: 楽天ペゲーロ.207 9本19点.721

    【楽天ペゲーロ.207 9本19点.721 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/04/03(火) 13:13:29.08 ID:zMBgipd8a
    今日もダメみたいですね…

    3: 風吹けば狗鷲 2018/04/03(火) 13:13:58.28 ID:zMBgipd8a
    KHB「もえスポ 」 @khb_moespo: 【初スタメン】
    ペゲーロ選手が体調不良のためきょうの試合は欠場。変わって今シーズン初スタメンで田中選手が入ると思われます!ホーム開幕戦で勝利を願いましょう!

    引用元: 【【悲報】楽天ペゲーロ体調不良で欠場

    【【【悲報】楽天ペゲーロ体調不良で欠場 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/07(水) 09:04:12.47 ID:IgQuIbcb0

    no title


    3日の中日戦1回1回無死一塁、山井から2ランを放ったペゲーロ
    楽天・梨田監督が、今季も超攻撃的オーダーを組む考えを明かした。

     昨季は1、2番に茂木、ペゲーロを並べ、さらにウィーラー、アマダーを加えた助っ人トリオを先発に起用し、スタートダッシュに成功。今季も「2番はペゲーロでいきたいなと思っている」。

     さらに昨年11月に受けた右肘手術の影響で2軍調整中の茂木についても「1番でいかすつもり。DHに入れるとかいろんなことを考えて」と説明。まだ守備につくことができていない切り込み隊長を、指名打者起用するプランも披露した。

    2: 風吹けば狗鷲 2018/03/07(水) 09:04:43.52 ID:IgQuIbcb0

    引用元: 【楽天】今季も2番・ペゲーロ 梨田監督が超攻撃的オーダー継続方針

    【【楽天】今季も2番・ペゲーロ 梨田監督が超攻撃的オーダー継続方針 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/13(火) 19:14:12.28 ID:S5tSOG5G0
    昨季「恐怖の2番打者」と他チームから恐れられた楽天カルロス・ペゲーロ外野手(30)が12日、チームに合流した。

     フリー打撃では48スイング中12本の柵越えを放ち、うち2本は場外へ運ぶ推定150メートル弾。「すごくいい状態できている。シーズンに向け、100%にしていきたい」と状態の良さをアピールした。

    2: 風吹けば狗鷲 2018/02/13(火) 19:14:56.67 ID:S5tSOG5G0

    7: 風吹けば狗鷲 2018/02/13(火) 19:17:17.72 ID:S5tSOG5G0
    no title

    フリー打撃で柵越えを連発する楽天ペゲーロ。後方右は梨田監督(撮影・横山健太)

    引用元: チーム合流のペゲーロ、48スイングで柵越え12本場外2本.ww.ww.ww.ww.ww

    【チーム合流のペゲーロ、48スイングで柵越え12本場外2本.ww.ww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/28(日) 12:33:42.30 ID:yeb6s6XW0
    no title

    楽天・ペゲーロ
     【宮入徹の記録の風景】チャンスメイクに比重を置かない。楽天のカルロス・ペゲーロ外野手(30)は昨年26本塁打。うち23本を先発2番で記録した。この打順では広島・菊池、ソフトバンク・今宮の14本塁打を抑え、両リーグで最も多かった。
    歴代先発2番打者のシーズン最多本塁打記録は06年ヤクルト・リグスの37本。次いで80年阪急・簑田浩二30本、00年日本ハム・小笠原道大27本、73年ロッテ・ラフィーバー、99年日本ハム・小笠原各23本と続き、ペゲーロは歴代4位タイ。梨田采配がずばり当たった格好だ。

     昨年の楽天は、先発1番の茂木が6本の初回先頭打者本塁打を含む17本塁打をマーク。先発1、2番がそろってシーズン20本塁打以上を放ったのは80年の阪急だけ。1番・福本豊21本、2番簑田浩二30本で記録した。
    ペゲーロは昨年終盤、先発3、4番での出場が増えたが、これらの打順では通算29試合で打率・213、3本塁打、9打点と低調。一方、先発2番では打率・302、23本塁打、66打点と好成績を収めた。今季は1番茂木、2番ペゲーロで史上2組目の20発コンビ誕生を期待したい。

     ところで、先発打順別の個人シーズン最多本塁打は誰なのか。気になったので調べてみた。1番は02年西武・松井稼頭央の36本。それまでの最多記録だった85年阪神・真弓明信の34本を塗り替えた。
    2番は前出リグスの37本。3番は85年阪神・バースで54本。チーム史上初の日本一をもたらす猛虎打線の中心として活躍した。4番は13年ヤクルト・バレンティンの58本。この年はプロ野球新記録の60本塁打をマークし、4番以外では5番で2本放っている。5番は92年西武・デストラーデの41本。10年巨人・阿部慎之助は40本で1本及ばなかった。

     下位打線に移ろう。6番は08年西武・中村剛也の36本、7番は04年西武・中島裕之(現オリックス=宏之)の26本と、1番の松井とともに現役勢が占めた。8番は87年巨人・山倉和博の21本。チームではONを差し置いて?唯一名を連ねている。「意外性の男」が持つ隠れた勲章だ。9番は80年ロッテ・水上善雄の15本。全打順の中で最も古い記録として残っている。

     話を2番に戻したい。過去には、先発2番打者が成し遂げたユニークな本塁打記録がある。それは中日・中利夫(78~80年に中日監督)の延長戦2ホーマーだ。59年8月2日大洋―中日19回戦(川崎)でのこと。
    中日・中山俊丈、大洋・秋山登の先発で始まったこの試合。両投手とも互いに譲らず、0―0のまま延長戦に突入した。11回表に中が秋山からソロ本塁打を放ち1―0と勝ち越し。その裏、代打・坂本盛明の適時安打で大洋は1―1の同点に追いつく。そして13回2死一、三塁の場面で中は秋山降板後に登板した大石正彦から左中間へのランニング本塁打。
    4―1と勝ち越し、そのまま逃げ切った。80年を超えるプロ野球の歴史を見ても、延長戦で個人2ホーマーは中だけの記録だ。現在、延長戦のイニング制限規定は12回まで。今のままなら中に並ぶ選手は当分出てきそうにない。(敬称略、専門委員)

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/28(日) 12:33:56.19 ID:yeb6s6XW0

    引用元: 楽天・ペゲーロ 犠打無縁の攻撃的2番打者

    【楽天・ペゲーロ 犠打無縁の攻撃的2番打者 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/22(月) 12:35:36.14 ID:/TJx+9DV0
    no title

    二番起用はケガの功名ながらピタリとハマった


     圧倒的なパワーで、新たなトレンドを生み出した。昨季、開幕から二番に座ったカルロス・ペゲーロは、首位を快走した前半戦の戦いでチームに大きく貢献。シーズンを通して120試合に出場し、打率.281、26本塁打、75打点という数字を残したが、二番に限定すれば90試合で打率.302、23本塁打、66打点。「恐怖の二番」として、他チームにとっての大きな脅威となった。

     予定されていた二番起用ではなかった。開幕投手を予定していた岸が、インフルエンザで離脱してしまう。安楽も故障離脱するなど、思い描いた先発ローテを組むことができなかった。投手陣に不安を抱えたことで、梨田監督は「点を取らないと勝てない。(外国人を3人並べるとき)ペゲーロの場合には守備固めが必要だから、二番がいいかと思った」。茂木との一、二番コンビは、まさにケガの功名によるものだった。

     それでも、今季は二番にペゲーロを置かない打線を組む可能性も高い。梨田監督は「エンドランやバント、スクイズも含めた細かいこともやらなければ。いつもいつもホームランにばかり期待できないということは痛感しました」と話すなど、機動力を使っていく方針を明言。銀次、藤田、岡島ら小技を使える従来の二番タイプを本線に、二番・ペゲーロはオプションの1つとして、準備されている。

     昨季はペゲーロの離脱が、チーム失速の一因となった。チームとしての引き出しを増やし、長いシーズンを戦い抜いていく。

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/22(月) 12:35:53.22 ID:/TJx+9DV0

    引用元: 楽天・ペゲーロ野手 規格外の存在感/二番打者の矜持

    【楽天・ペゲーロ野手 規格外の存在感/二番打者の矜持 】の続きを読む

    このページのトップヘ