狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    19藤平尚真

    【山村宏樹 一発解投】藤平は則本、岸を手本にフォーム安定を

     最下位に沈む楽天だが、4月19日のソフトバンク戦で、先発の藤平が7回2安打無失点で今季初勝利を挙げた。この日は相手打線の調子がいまイチに見えたが、ソフトバンク相手に3タテを阻止したのは大きかった。

     藤平の特徴は、球の出所が見にくい、独特の投球フォームにある。相手打者はタイミングが取りづらく、差し込まれる傾向にある。昨季より球威はあるし、変化球もカウントを整えるレベルの制球力は持っている。

     もちろん、課題もある。藤平は中学時代に走り高跳びで優勝経験があるそうだが、その強靱(きょうじん)な下半身のバネを生かし、パワーにして球に伝えられるような投げ方が完成していない。具体的には、彼は上げた左足をじっくり下ろし、独特のタイミングで体をひねっていくが、そのリズムやタイミング、力の入れ方や抜き方が安定しないときがある。それが時には制球難となるし、球に力がフルに伝わらない一因となる。則本や岸の、力のベクトルがスムーズに前へ向かっていく投げ方と比較すれば一目瞭然だ。当面は、今の投球フォームで投げ込みをやり、リズムやタイミングを体に覚え込ませるべきだろう。両エースを手本に練習を積めば、スピードも球威もさらにアップするはずだ。

     一方、楽天3本柱の一角・美馬が4試合投げて0勝3敗。シュートは指に引っかかり、スライダーは抜けるなど、逆球が多い。腕の振りも小さくなっている。彼は滑り出しが良いと好調を持続できるが、最初につまずくと引きずるタイプ。美馬は24日、出場選手登録を抹消された。リフレッシュして、いい再調整の期間となることを期待したい。(元楽天投手、スポーツコメンテーター)=随時掲載=

    【【山村宏樹 一発解投】藤平は則本、岸を手本にフォーム安定を】の続きを読む

    【楽天】藤平、先輩・涌井との対決にワクワク

     楽天・藤平尚真投手(19)が23日、ロッテ・涌井との投げ合いへ、心を躍らせた。26日のロッテ戦(楽天生命)は藤平と涌井が先発予定で、横浜高のOB対決が濃厚。これまで藤平は「横浜高出身の人にとって、松坂さんと涌井さんは特別な方」と繰り返すほど尊敬しており、「高校の頃から目指してきた方。同じマウンドに上がれるのは楽しみ」と目を輝かせた。12歳年上でプロ通算124勝の涌井。藤平は「できるだけマウンドを見ていろいろ学びたい」と、学びの場とする考えも明かした。それでも勝負に負けるつもりはなく、「少しでもいいピッチャーだなと思ってもらえるようにしたい」と、決意を示した。

     この日は楽天生命パークで調整。いまだに白星のない本拠地のマウンドの感触も投球練習をして確かめ、「仙台で初勝利できるように頑張ります」と意気込んだ。前回登板のソフトバンク戦(ヤフオクD)は7回無失点で今季初白星。絶好調の19歳が大先輩に挑む。(安藤 宏太)

    【【楽天】藤平、先輩・涌井との対決にワクワク】の続きを読む


    4/19(木) 22:08配信

    デイリースポーツ

     19日に開催されたプロ野球では、中日・松坂大輔投手(37)、ロッテ・涌井秀章投手(31)、楽天・藤平尚真投手(19)と高校時代に甲子園を沸かせた名門・横浜高を代表する3投手が先発した。
    099C9613-3771-43F1-A6A0-450BC55152E9

    【写真】勝ち星は楽天・藤平だけ…ファンの歓声に応える

     甲子園春夏連覇など説明不要の“平成の怪物”松坂は阪神戦(ナゴド)で中日移籍後2度目の先発。西武時代の2006年9月19日ソフトバンク戦以来、4230日ぶりの日本球界での白星を目指した。ピンチを度々招きながらも7回4安打2失点と踏みとどまるが、打線の奮起がなく、阪神に1-2で敗れ、自身も2敗目となった。

     高校時代「松坂二世」と呼ばれた涌井はオリックス戦(ZOZO)に先発し、7回2/3を6安打3失点。打線が散発3安打と沈黙し、チームは0-3で完封負けした。涌井は1勝2敗となった。

     藤平はソフトバンク戦(ヤフオク)に先発。5連勝中の相手に対し、7回2安打無失点で今季3度目の登板で初勝利を挙げた。

     世代を超えた横浜のエース3投手は全員それなりに好投したが、勝ち星は藤平だけという、明暗を分ける結果となった。

    【松坂、涌井、藤平…横浜高校歴代エースが各地で“競演”】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/14(水) 08:53:20.68 ID:0AXzz+O70
    ◆オープン戦 DeNA7―1楽天(13日・静岡)

     思いっきり向かっていった。楽天の藤平は侍ジャパンの主砲で横浜高の先輩・筒香との初対戦に自然と力が入った。初回2死。1ストライクから、この日最速147キロの内角直球。ボールは力なく上がった。結果的にファウルゾーンで嶋が落球(記録は失策)し、続く球を左前安打とされた。「雰囲気もあって特別に抑えたいという気持ちが前面に出たボールだった。ああいう勝負ができて楽しかった」と振り返った。

     その後の対戦は四球、中飛で2打数1安打。高卒2年目右腕にとっては夢のような時間だった。11球を投げて一度も空振りを取れず「次戦うときは、直球で空振りを取れるようにしたい」とリベンジを誓った。

     4回には同じく横浜高出身の倉本に3ランを被弾し、6回8安打4失点。変化球の制球に苦しんで直球に頼らざるを得なくなり、8安打中6本が直球を狙われた。初の開幕ローテはすでに当確となっている19歳は「変化球が良くなれば、直球ももっと良くなる」と自らに言い聞かせていた。(安藤 宏太)

    5: 風吹けば狗鷲 2018/03/14(水) 08:55:09.90 ID:0AXzz+O70
    no title


    1回2死、筒香(手前)に左前打を打たれる藤平

    引用元: 【楽天】藤平、横浜高の先輩・筒香と初対戦「楽しかった」

    【【楽天】藤平、横浜高の先輩・筒香と初対戦「楽しかった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/13(火) 06:58:30.70 ID:CM1Of2DJ0
    no title

    no title

     楽天・藤平尚真投手(19)が12日、「筒香斬り」を誓った。13日のDeNA戦(静岡)で先発する右腕は、静岡・草薙球場でキャッチボールやランニングで調整。
    横浜高の先輩で侍ジャパンの4番でもある筒香との初対戦へ、「いつでも対戦できるバッターではないので、特別な気持ちを持って若々しく向かっていきたい」と意気込んだ。

     2016年10月にドラフトで指名された際にも、「筒香選手は憧れでもあり、戦ってみたい」と名前を挙げ、オフには横浜高OBの集まりで対面。
    「一緒に頑張ろう」と、優しく声をかけてもらった。対戦に向けて「(抑えるイメージが)ないですね。直球にはかなり強いと思う。
    直球だけで抑えようとも思っていない」と少し弱気になりながらも、「直球で押していきたい。どんどん向かっていって、どれだけ通用するか試せるチャンスだと思う」と、決意を新たにした。(安藤 宏太)

    引用元: 【楽天】藤平、横浜高の先輩「筒香斬り」誓う

    【【楽天】藤平、横浜高の先輩「筒香斬り」誓う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/28(水) 15:49:07.62 ID:+rcyg2a00
    高校の実績が乏しくてもプロの指導で
    凄い選手になれる気がするんや

    引用元: 楽天の藤平みて思ったんやがドラフトって身体能力で取るべきやないか?

    【楽天の藤平みて思ったんやがドラフトって身体能力で取るべきやないか? 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/24(土) 19:26:46.11 ID:GQV/BoaI0
    no title


     楽天・藤平尚真投手(19)の開幕ローテ入りに当確のランプがともった。この日4回から2番手で登板し、3回無安打無失点のパーフェクトピッチング。16日の練習試合・阪神戦(宜野座)に続く3回パーフェクトに梨田昌孝監督(64)は「当然入るでしょうね、今の段階では」と明言した。

     楽天の先発ローテは実績あのある則本、岸、美馬の3本柱が支え、昨季8勝をあげた辛島も濃厚。5、6番手を巡って安楽、池田、古川、森、塩見、コラレスらがしのぎを削っているが、高卒2年目の19歳が一歩リードした。昨季は1年目ながら8登板で3勝4敗、防御率2・28。オフにはヤンキース・田中や則本、松井らと自主トレを積んできた。

     成長著しい背番号19は「0点で抑えるいいピッチングが出来ているので、あとはしっかりケガをしないようにしたい」と気持ちを引き締め直していた。

    引用元: 【楽天】梨田監督、藤平のローテ入りに「当然入るでしょうね、今の段階では」

    【【楽天】梨田監督、藤平のローテ入りに「当然入るでしょうね、今の段階では」 】の続きを読む

    このページのトップヘ