狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    25田中和基

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/28(金) 14:52:00.25 ID:kMG+6nRG0
    i.imgur.com_wm3fSxl

    引用元: 【GIF】楽天・田中和基、二軍でサイクルまであとスリーベース一本ωωωωωωωωω

    【楽天・田中和基、イースタン・リーグで豪快なホームラン】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/26(水) 16:12:00.76 ID:o2q/9n3OM

    https://twitter.com/ElevenSportsJP/status/1143776731926450176
    これは打てそう
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: 【朗報】楽天・田中和基、二軍でノーステップをやめて猛打賞wωwwωwwωwwωwwωwwωwwωwwωw

    【【朗報】楽天・田中和基、二軍でノーステップをやめて猛打賞wωwwωwwωwwωwwωwwωwwωwwωw 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/26(水) 00:08:07.58 ID:gAS5A0Y40
     ◇イースタン・リーグ 楽天5—1西武(2019年6月25日 西武第2)

     左手三角骨骨折で離脱していた楽天・田中が、約1カ月半ぶりに実戦復帰した。

     西武戦に「1番・DH」で出場。3打席に立って左飛、四球、死球だった。

     「変化球だったり、コースのボールにも思ったより対応できた。チャンスの場面で四球も取れたし、何より久々の試合で純粋に楽しかったです」

     実戦復帰は当初の予定よりも一週間ほど早いという。「もどかしくて、トレーナーさんに無理を言って病院(の予定)を早めてもらったりした」

     この日は全て左打席。スイッチヒッターとして長打力も兼ね備えているのが田中の魅力だが、骨折した左手首への影響を考慮して「右(打席)は休業します。僕自身は、左打席だけでも1軍に上がりたい」と、当面は右打席を「封印」する考えを明かした。

     1軍でプレーしている時から右打席の方が痛みを感じていたという。1軍復帰へ向けて「まだメドは立っていないけど、結果を残さないと呼んでもらえないので」と力を込めた。

    引用元: 楽天・田中 2軍戦で1カ月半ぶり実戦復帰 当面は右打席封印「左打席だけでも上がりたい」

    【楽天・田中 2軍戦で1カ月半ぶり実戦復帰 当面は右打席封印「左打席だけでも上がりたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/28(火) 09:32:09.53 ID:8B7cjvL00

    引用元: 【悲報】楽天さん、とんでもないグッズを発売してしまう

    【【悲報】楽天さん、とんでもないグッズを発売してしまう 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/13(月) 16:54:12.04 ID:f4QaHljUd

    引用元: 楽天田中が登録抹消 左手三角骨骨折で全治1カ月

    【楽天田中が登録抹消 左手三角骨骨折で全治1カ月 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/13(月) 15:18:11.93 ID:g5JJkuUkd
    パシフィック・リーグ
    出場選手登録
    なし
    出場選手登録抹消



    東北楽天ゴールデンイーグルス 投手 42 F.ハーマン
    東北楽天ゴールデンイーグルス 外野手 25 田中 和基

    >>5月23日以後でなければ出場選手の再登録はできません。

    引用元: 【ハーマン】楽天バァン集合【和基登録抹消】

    【【ハーマン】楽天バァン集合【和基登録抹消】 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/01(月) 14:05:06.77 ID:6MHKw7i2M
    東北楽天ゴールデンイーグルス
    @Rakuten__Eagles
    銀次が、33%…!😳

    「令和」の「令」は、よい・立派という意味があるそうですね!
    「和」は和基の和…?🤔🤔
    午後0:38 · 2019年4月1日 · Twitter for iPhone


    引用元: 楽天公式「令和の和は田中和基の和‥?」

    【楽天公式「令和の和は田中和基の和‥?」 】の続きを読む

    このページのトップヘ