狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    161・61鶴田圭祐

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/21(木) 10:29:34.36 ID:VoptOOIA0

    引用元: 楽天鶴田の魔球wwewwewwewwe

    【楽天鶴田の魔球wwewwewwewwe 】の続きを読む

     10月に楽天を自由契約となった鶴田圭祐投手(24)が15日、楽天と育成で再契約し、100万円ダウンの500万円でサインした。

     16年のドラフト6位で帝京大準硬式野球部から入団した左腕の鶴田。今季はイースタンでの登板が9月13日の巨人戦(森林どり泉)の1イニングのみにとどまり、1軍での登板は2年間で1度もなく、来季は育成で再出発することになった。

     初の1軍登板へ向けて、まずは支配下再登録を狙う左腕は「今シーズンは、自分との闘いのシーズンで、チームの力になれませんでした。来年は、育成から這い上がってチームの力になれるように頑張ります」とコメントした。

     楽天は30日、鶴田圭祐投手(24)に来季の支配下選手契約を行わないことを通告したと発表した。来季は育成契約する見込みだ。

     鶴田は香川・藤井学園寒川高から帝京大に進み、準硬式野球部に入部。3年秋には最速149キロを計測してプロスカウトの注目を浴びると、16年のドラフト6位で楽天に入団した異例の経歴を持つ。ここまで2年間で1軍昇格は1度もなく、今季はイースタンでも9月13日の巨人戦(森林どり泉)で1イニング投げたのみだった。

     ◆準硬式野球 使用球は、見た目は軟式球で中身が硬式球というイメージ。コルクの粉末と樹脂を混ぜ合わせてできた芯に糸を巻き、表面を天然ゴムで覆っている。準硬式野球出身の主なプロ野球選手は同志社大から99年ドラフト6位で西武入りし、広島でも活躍した青木勇人投手ら。巨人の育成・坂本工宜投手も関学大準硬式野球部出身。

     ◆鶴田 圭祐(つるた・けいすけ)1994年5月12日、滋賀・守山市生まれ。24歳。守山小3年から物部少年野球団で野球を始め、守山南中時代は軟式の野洲ブレーブスでプレー。香川・藤井学園寒川高では1年秋に投手から外野手に転向。甲子園出場経験はなし。帝京大入学直後に準硬式で再び投手に。180センチ、88キロ。左投左打。背番号61。

    引用元: 楽天鶴田戦力外
    【楽天鶴田戦力外 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/14(土) 12:13:26.66 ID:ZizY+YSs0
    スポニチアネックス 1/14(土) 7:00配信

     楽天のドラフト6位・鶴田(帝京大)が準硬式最速から、日本人左腕最速への大きな目標を口にした。異色の準硬式野球部出身の左腕は「今は最速149キロと言われていますが。ちょっと大きく155キロを目指したい」と威勢良く言い切った。

     日本人左腕で155キロ以上は、最速157キロの西武・菊池と、155キロだったヤクルト・石井弘(現2軍投手コーチ)の2人しかマークしたことがない。表面がラバーで覆われた準硬式球は、硬式より空気抵抗が大きく、縫い目もない。硬式転向後は球速が上がるケースが多く「指にかかって投げ切れた時は、硬式の方がズドンといく感じ」と手応えを口にする。

     この日は昨年11月以来となるブルペンに入り、中腰の捕手へ28球投げた。「学生時代は練習場にブルペンがなく、傾斜で投げるのは試合だけ。プロなので傾斜にも慣れていかないと」。鶴田の伸びしろは計り知れない。(後藤 茂樹)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000038-spnannex-base

    引用元: 準硬式出身、楽天ドラ6鶴田 最速左腕になる「155キロ目指したい」 

    【準硬式出身、楽天ドラ6鶴田 最速左腕になる「155キロ目指したい」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/06(金) 13:28:32.06 ID:+mu/xrEg0
    【楽天】準硬式出身のドラ6鶴田が寮に持ち込んだディズニーキャラクターは? 
     楽天のドラフト6位・鶴田圭祐投手(22)=帝京大準硬式野球部=が5日、仙台市泉区の泉犬鷲寮に入った。準硬式出身という異例の経歴を持つ左腕が“必需品”として寮に持ち込んだのは、人気ディズニーキャラクター「チップとデール」が描かれたタオルだった。

     「小さい頃から好きだった」というキャラクターがデザインされたタオルは、大学時代に購入。いつ、どこで買ったのか、値段も覚えていないと言うが、試合の時は必ず持参し、ベンチで汗を拭う際に使用。今ではやや色あせてきたが「これからも試合には持って行くだけでも持っていこうと思う」と話した。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/01/06(金) 13:29:01.93 ID:+mu/xrEg0

    引用元: 【楽天】準硬式出身のドラ6鶴田が寮に持ち込んだディズニーキャラクターは? 

    【楽天ルーキー森原、鶴田が入寮時に持ち込んだものが衝撃的だと話題に】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/11/11(金) 15:48:36.13 ID:w4jAvchb61111
    高校では外野手に転向も、大学進学後に準硬式で再び投手に挑戦

     準硬式魂を見せる。
     10月20日のドラフトでは、桜美林大の佐々木千隼投手が外れ1位で5球団が競合し、ロッテが交渉権を獲得するなどして大きな話題となった。そんな中で、驚きを持って迎えられたのが、楽天から6位指名を受けた帝京大準硬式の鶴田圭祐投手だ。
    ドラフト前は「なんとか育成でもいいから指名が来ればいいのですが」と祈るような気持ちを口にしていたが、蓋をあけてみれば、ドラフト6位指名。「いけて育成だと思っていたので、うれしい限り」と満面に笑みを浮かべた。

    うれしさと同時に、奮い立った。

    「準硬式でやってきてプロで活躍するのは難しいと思われがちだけれど、準硬式でも上のレベルで戦える選手になりたい」

     準硬式と言えば、硬式を断念した選手が自主性を重んじる環境下で伸び伸びと野球を楽しむイメージが一般的には強い。
    鶴田は藤井学園寒川高時代は投手として入学しながら、制球難を克服できず外野手としてプレー。自分に納得できない部分もあった。

    「大学で硬式を、とも思ったが力不足だと思った。でも野球が大好きだから続けたかった」

     そんな思いで飛び込んだ準硬式。硬式に比べて、コーチはおらず練習場所もアメフト場などが主だった。マウンドがあるわけではないため、傾斜で練習できる日も限られた。

    アルバイトとも両立した。それでも「環境は硬式に比べて劣るが、今があるのは準硬式に入ったおかげ。環境を言い訳にしたくない」と言い切る。様々な事情で準硬式に転向したとしても、一度はあきらめかけたプロの道が努力次第で拓けることを身をもって示した。
    努力で拓いたプロへの道「根気強く使ってくれた。先輩方に恩返しがしたい」

     準硬式に入ったからこそ投手に再転向できた。入学当初は選手が監督を兼任している状況。「当時は主将の方が采配をしていた。本当に打たれまくって、試合をつぶしてしまうという時でも根気強く使ってくれた。
    そのおかげで経験を積めたし、ここまで来ることができたんです。先輩方への恩返しがしたい」。

     浅野修平監督は「最近は準硬式でプレーする選手の数も増えている。野球ができるという純粋な気持ちを生かせるし、例えば、ケガで行き場をなくした選手を再びプレーさせられるかもしれない。準硬式はそういう場所でもあると思う」と話す。
    指揮官は鶴田の将来を見据えて、スポーツトレーナーを養成する同大で体についての勉強やプロのトレーナーのもとに通って体作りを勧めるなど、技術以外もサポートしたという。

    硬式に比べて、日頃はなかなかスポットが当たらない準硬式。しかし、鶴田はその中で最速149キロをたたき出してプロ入りをつかんだ。

    「まだまだやらなければいけないことはたくさんある。準硬式球から硬球を握ってすぐは重いなと感じていましたし。まずはしっかりキャンプを乗り切る体力を作っていきたい」

     鶴田の新たな挑戦が始まる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00010005-fullcount-base

    2: 風吹けば狗鷲 2016/11/11(金) 15:49:26.98 ID:w4jAvchb61111
    no title

    引用元: 準硬式からつかんだ夢…最速149キロ、楽天ドラ6鶴田が切り拓いた道

    【準硬式からつかんだ夢…最速149キロ、楽天ドラ6鶴田が切り拓いた道】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/11/02(水) 21:37:57.43 ID:Efz/9wT70
     楽天から6位指名された帝京大準硬式野球部の鶴田圭祐投手(22)が2日、都内の同校八王子キャンパスで楽天長島スカウト部長と後関スカウトから指名あいさつを受けた。緊張からか額に汗を浮かべながら話しを聞き、「ワクワクしかないですね」とプロの世界に思いをはせた。

     滋賀・守山市出身の左腕は藤井学園寒川高時代は硬式の外野手だったが、進学と同時に準硬式の投手へ転向した。同校の準硬式野球部には専用の練習場はなく、朝早い時間にアメフット部のグラウンドを間借りして練習を行っていた。
    学生主体の練習だったため、フォームもYouTubeなどの動画サイトを参考に研究。西武菊池、岸、ロッテ涌井、楽天則本らの投げ方を取り入れ、最速149キロまで球速を上昇させた。

     「準硬式は硬式と比べて日が当たらないですけど、プロに入れたというのは準硬式にとっていいこと」と準硬式野球の星になると意気込んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-01732813-nksports-base

    no title


    楽天から6位指名された帝京大・鶴田投手(中央)は楽天後関スカウト(左)と長島スカウト部長からあいさつを受けた

    引用元: 楽天6位鶴田「ワクワクしかない」準硬式の星にな

    【楽天6位鶴田「ワクワクしかない」準硬式の星になる】の続きを読む

    このページのトップヘ