狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    53高梨雄平

    20181010-OHT1I50071-L


      楽天・高梨雄平投手(26)が10日、「2018日米野球」(11月9日開幕・東京Dなど)の侍ジャパンメンバーに選出された。

     川越東高から早大、JX―ENEOSを経て16年のドラフト9位で楽天に入団した高梨。貴重な変則サイドの「左キラー」として1年目から46試合に登板。今年3月の「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」のオーストラリア戦で初めて侍ジャパンに選出されると、今季も球団史上最多に並ぶ69試合に登板して、またしても侍ジャパンに名を連ねた。

     13日のロッテ戦(ZOZO)では球団史上初となる70試合登板を狙う左腕は「また日の丸をつけて戦えることを嬉しく思います。メジャーの一流のバッターと対戦することはなかなかないので、勝負の中でいろいろなことを得たいと思います。チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」と意気込んだ。

     ◆高梨 雄平(たかなし・ゆうへい)1992年7月13日、埼玉・川越市生まれ。26歳。小学3年時に川越リトルで野球を始め、中学では川越シニアに所属。川越東で阿井英二郎監督(元日本ハムヘッドコーチ)の下、3年夏に埼玉大会4強。甲子園出場なし。早大3年春に東大戦で完全試合。今季は残り1試合で69登板で1勝4敗1セーブ、防御率2・44。175センチ、81キロ。左投左打。年俸3000万円。独身。

     20181009-OHT1I50002-L

    リリーフ左腕・高梨が、球団新記録となる70試合登板を狙う。


     高梨はここまで16年に福山が作った69試合の球団最多登板を記録。今季は残り1試合。13日の最終戦・ロッテ戦(ZOZO)へ向けてこの日は楽天生命パークで調整し「どうせなら投げてみたい」と意気込んだ。パ・リーグ左腕では4人しか届いていない70登板の大台に挑む。

     楽天の2年目、高梨雄平投手(26)が日米野球(11月9日開幕、東京ドームほか)の日本代表「侍ジャパン」にリストアップされていることが8日、分かった。

     高梨は6日のロッテ戦(楽天生命パーク)で、球団記録となる69試合登板に到達。今季最終戦となる13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で記録更新の期待がかかる。

     この日は、本拠地での全体練習に参加し、走り込みなどで汗を流した。「何が何でも投げたいとは思いませんが、せっかくの記録なので機会があれば」と左腕。球団記録を塗り替え、世界の舞台へ弾みをつける。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/31(金) 15:20:44.51 ID:IGNCQP7p0
    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「コンビニ」です。

    楽天・高梨雄平投手
    no title

    おでんは青春の味
     好きなコンビニは、セブン-イレブンですね。季節ごとに出してるスイーツがあるんですけど、それがうまいんですよ。ちょっと前にティラミスのわらび餅があったんですけど、それが好きで、ほとんど毎日のように食べてました。ティラミスの粉と中に入ってるクリームが最高でしたね。

     あとはおでんですよね。いつも買うのは大根と昆布巻。もう1つは、そのときの気分でいろいろ選ぶ感じですね。こだわりはカラシを付けて食べるんじゃなくて、カラシを汁に溶かして、最後はその汁を飲むことです。これは中学生のときからやってました。塾の帰りによく食べてたんですよ。青春が染みついたような味ですね(笑)。

    引用元: 楽天・高梨雄平投手「ティラミスの粉と中に入ってるクリームが最高」/コンビニ

    【楽天・高梨雄平投手「ティラミスの粉と中に入ってるクリームが最高」/コンビニ 】の続きを読む


    B27DF67E-E9FE-4FAC-B5C0-0A5D0123FCE5

    プロ野球選手は高校卒業後に入団する選手もいれば、大学、社会人を経て入団する選手もいる。年齢が近くても、プロに上がるまでのプロセスがまったく違うだけに考え方も異なる。だが、だからこそ刺激し合えるのかもしれない。


     楽天の松井裕樹は2014年、ドラフト1位で桐光学園高から入団。2年目から抑えに抜擢され、チームの顔へと成長を遂げた。しかし、今季は思うような投球ができず、二軍落ちも経験。現在はリリーフとして登板を重ねながら、クローザーへ返り咲く道を模索中だ。

     そんな松井だが、最近は心に余裕を持てるようになったと話す。その考え方に大きな影響を与えたのがチームメートの高梨雄平だ。「引きずるタイプ」と話す松井は、リリーフ転向後は落ち込む日々も多かったという。高校まで先発を務めていただけに、毎日試合がある中で、気持ちを切り替える作業は簡単ではなかった。

    「自分にないものを欲していたのかもしれません。そういった意味で高梨さんはいろいろ言ってくれるので」。

     一方の高梨は早大、JX-ENEOSを経て17年にドラフト9位で入団。2人の年齢差はわずか3歳だが、野球人生は大きく異なる道を歩んでいる。高梨にすれば「打たれないと思えていることがすごい。ずっと世代のトップでやってきている選手だから、そう思えるのかもしれない」。社会人時代にはサポート役に回ることも経験し、野球で生計を立てることすら危ぶまれた時期もあった。だからこそ、視野を広く持ち客観的に自分を見るようになった。

    「長い人生の中でプロ野球選手として働ける時間はそれほど多くない。打たれたくないと思うことも大事ですが、試合が終わってからはそのことについて考えるよりもそこから何を学ぶかを考えたほうがいい」

     打たれた悔しさから視野が狭くなっていた松井に、高梨の考え方は新鮮だった。そして「考え過ぎるなよ」という一言は余裕がなくなった松井の心をほぐしていく。

    「毎日楽しいのが一番です。野球選手の前に人間ですから、1日つまらない日があるともったいないかなって」(松井)

     ブルペンを支える若き両腕は、まだまだ輝くであろうその時に向かって、ともに切磋琢磨している。

    e4de3708de5846bfe799f26fd06d025a_1529549793_2


    声優に挑戦する楽天高梨
     パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング株式会社は21日、8月1日公開のディズニー・ピクサー映画「
    インクレディブル・ファミリー」にパ・リーグ各球団から6選手(日本ハム中田、楽天高梨、西武山川、ロッテ鈴木、オリックス安達、ソフトバンク柳田)が一言声優として映画に登場することを発表した。

     楽天高梨雄平投手(25)は、収録の感想を聞かれると「プロ初登板と同じくらい緊張しました。初めて声を当てる仕事だったんですけど、いつも映像で見ているぶんには分からない難しさがあって、でも、その中でも楽しさもあって、本当によい経験ができました」と話した。 【楽天高梨が初の声優「緊張、よい経験ができました」】の続きを読む

    プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「プチ自慢」です。

    楽天・高梨雄平投手

     デートコースを考えるのは、ちょっと得意ですよ。後輩に頼まれて、考えてあげたことは何度かあります。都内もそうですけど、ちょっと遠いけど横浜方面とか。相手のことも聞いた上で、うまくいくようにコースを考えてました。ここ行って、ここ行って、このお店のどの辺の席に座ってとか、結構細かくアドバイスしてましたね。

     例えば、相手がちょっとアクティブな子だったら、浅草から船に乗って、お台場の「大江戸温泉物語」へ移動するんですよ。ここは浴衣に着替えて遊べるんで、なかなか楽しいんです。それで、夜はお台場でご飯食べてみたいな。アドバイスは実体験に基づく? そのあたりは、コメントを差し控えさせていただきます(笑)。

    このページのトップヘ