狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    13岩見雅紀

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/06(土) 00:43:12.63 ID:gYSyxo+G0
    一本出ればなんか変わりそうやと思うんやが……

    引用元: 岩見雅紀 .000(22-0) 0四死球 2併殺打

    【岩見雅紀 .000(22-0) 0四死球 2併殺打 】の続きを読む

    20180907-00000002-baseballo-000-2-view

    一軍ではまだ結果を残せていないが、その期待は大きい

    楽天・岩見雅紀[外野手/1年目/24歳]

     慶大時代に高橋由伸(慶大、のち巨人)の23本、田淵幸一(法大、のち阪神ほか)の22本塁打に次ぐ、東京六大学歴代3位の21本塁打を放った右の大砲だ。

     しかし、2月の春季キャンプでは体調不良により出遅れてしまう。実戦が本格化した3月になっても一軍昇格のチャンスはなかった。4月下旬の時点で池山隆寛二軍監督は一軍への推薦について、「まだですね。二軍で経験したほうが。まだペゲーロほど守れていない」と、守備面での課題を口にしていた。

     それでも、チームは苦しい状況に陥っており、5月18日の日本ハム戦(札幌ドーム)で9回にプロ初打席を迎えた。結果は空振り三振で、本人は「緊張はなかった。悔しい気持ち」。この時点でイースタン・リーグでは33試合に出場し、打率.316、5本塁打、19打点と好調をキープ。3、4月の月間MVPに輝いていた。それでも、投手のレベルは高かった。このときは5試合に出場して9打席ノーヒット。約1カ月後に再び昇格するも5打席ノーヒット。計14打席でプロ初安打を記録することはできなかった。

     それでも本人は収穫を口にする。「七番・左翼」での先発出場を経験し、守備は無難にこなした。打席では鋭い当たりが三塁手の正面を突く場面も。「一軍の投手の球を多く見られたのはプラス。最後まで守らせてもらったことも大きかった」と前向きな姿勢は失っていない。

     大学4年の秋、リーグ新記録となる5試合連続本塁打を放ったアーチスト。堂々たる体格は、ペゲーロにも引けを取らない。首脳陣は将来を見据え、同じくルーキーの西巻賢二ら若手選手を積極起用している最中だ。ここまでファームでは11本塁打をマークしている。次に昇格する際にはもちろん、初安打、初本塁打を狙っていく。

    【楽天・岩見雅紀「和製大砲への期待」/ファーム一番星】の続きを読む

    フレッシュオールスターゲーム:イースタン選抜1-3ウエスタン選抜>◇12日◇弘前

    【写真】楽天ドラ2岩見1軍デビュー 代打で「悔しい」三振

     高卒ドラ1クリーンアップに続く全イの6番を打った楽天岩見雅紀外野手が、最後の打者となった。9回表2死二塁で豪快な空振り三振。この日は4打数無安打3三振だった。

     試合後は「(球宴は)お祭りですけど、少しでも自分のためになるようにやっていた中で、今日は『振ろう』と。1打席目(遊ゴロ)みたいに捉えても結果がついてこないこともある。3三振も仕方ないかなと。でも(3打席目の)見逃し三振も振りたかったです。反省して、楽しかったで終わらないようにしたい」と振り返った。

     11日、「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018」(7月12日(木)弘前市運動公園はるか夢球場)の先発メンバーが発表された。

    【イースタン・リーグ選抜】 
    1 中 松原聖弥(巨人)
    2 二 金子一輝(西武)
    3 指 清宮幸太郎(日本ハム)
    4 三 村上宗隆(ヤクルト)
    5 一 安田尚憲(ロッテ)
    6 左 岩見雅紀(楽天)
    7 右 戸川大輔(西武)
    8 捕 古賀優大(ヤクルト)
    9 遊 大河(DeNA)
     投 種市篤暉(ロッテ)

    ウエスタン・リーグ選抜】 
    1 遊 福田周平(オリックス)
    2 二 熊谷敬宥(阪神)
    3 一 川瀬晃(ソフトバンク)
    4 左 西村凌(オリックス)
    5 指 坂倉将吾(広島)
    6 三 石垣雅海(中日)
    7 中 島田海吏(阪神)
    8 捕 中村奨成(広島)
    9 右 周東佑京(ソフトバンク)
     投 馬場皐輔(阪神)


    ◆日本ハム7―1楽天(20日・札幌ドーム)

     「7番・左翼」でプロ初スタメンを果たした楽天のドラフト2位・岩見雅紀外野手(23)=慶大=が、3打数無安打に終わった。
    20180516-OHT1I50082-L

    【写真】岩見の豪快な打撃フォーム

     4点を追う2回1死一、二塁の1打席目は日本ハム先発左腕・加藤の直球を捉えたが、三塁手・レアードの正面へのライナーに。二塁走者が飛び出して併殺打となった。その後も三ゴロ、空振り三振でプロ初安打は出なかった。ここまで1軍では5打席無安打の大砲は「(先発で)3打席もらえたのは大きな収穫。先発ピッチャーの球を見ることが出来たのも、自分にとってはプラスになる」と必死に前を向いた。

     課題と言われていた左翼の守備も4度の守備機会を無難にこなし、「最後まで守らせてもらったことは大きい。清水(外野手守備走塁)コーチに教えて頂いていることをしっかり出来たかなと思う」とホッとしていた。

    【【楽天】岩見、プロ初スタメンで3打数無安打も「大きな収穫」】の続きを読む

    日本ハム0-3楽天>◇18日◇札幌ドーム

     楽天ドラフト2位岩見雅紀外野手(23)のプロ初打席は、空振り三振に終わった。

     9回に代打で登場したが、結果を出すことが出来なかった。「緊張はなかった。悔しい気持ち」と淡々と振り返った。

     2軍で33試合出場し、打率3割1分6厘、5本塁打、19打点。イースタン・リーグ3、4月の月間MVPに輝き、この日から1軍初昇格した。

    【楽天ドラ2岩見1軍デビュー 代打で「悔しい」三振】の続きを読む

    このページのトップヘ