狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    13岩見雅紀

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/24(土) 17:36:02.03 ID:CX+vyheCd
    no title

    ひえっ………

    引用元: 楽天岩見の胸毛ww..ww..ww..

    【楽天岩見の胸毛ww..ww..ww.. 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/24(土) 00:35:23.67 ID:GQV/BoaI0
    バーンを知らなかった模様

    引用元: 【悲報】楽天岩見さん、プロ野球を全く見ない

    【【悲報】楽天岩見さん、プロ野球を全く見ない 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/19(月) 18:24:27.54 ID:l3zI983w0
    no title

    六大学野球で通算21本塁打を記録した楽天・岩見雅紀【写真:高橋昌江】

    アマチュアの大砲はプロでも大砲になれるのか?
    「和製大砲」。それはロマン。それは日本人の夢と希望。そしてそれは、プロ野球界の多くの球団が、長年にわたって求め続けているもの。



     高校通算111本塁打の清宮幸太郎内野手を筆頭に、2017年ドラフトでも、多くの大砲候補がプロの世界に飛び込んだ。競合の末、清宮は北海道日本ハムに、高校通算65本塁打の安田尚憲内野手は千葉ロッテに入団している。

     また、楽天が2位指名した慶應義塾大学の岩見雅紀外野手は、通算21本塁打で六大学野球の本塁打記録歴代3位に名を連ねた。もちろん、プロで彼らにかかる期待は大きいだろう。

     しかし、あらゆる条件が異なるアマチュアで残した記録と、プロで残す記録には相関があるのか。アマチュアで本塁打を量産した彼らは、日本プロ野球最高峰の舞台でも多くのアーチを描けるのだろうか。今回はその疑問を「回帰分析」を使って見ていきたい。

     回帰分析とは、2つの変数のうちで、一方の変数から将来的な値を予測する「回帰直線」を求めるものである。今回は、過去にプロ入りした選手のアマチュア記録とプロ通算記録から、これからプロで戦っていく選手の「将来的な本塁打記録」を予測していく。

    引用元: 【朗報】楽天岩見、プロで250発以上HR打てることが判明ww.ww.ww.ww

    【【朗報】楽天岩見、プロで250発以上HR打てることが判明ww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/16(金)19:19:40 ID:xQC
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    なんだこれは…たまげたなぁ…

    引用元: 楽天岩見雅紀さん、耀飛選手の濡れ場を撮影

    【楽天岩見雅紀さん、耀飛選手の濡れ場を撮影】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/15(木) 02:15:41.13 ID:1xGtfYMQ0
    ワイは山﨑武司タイプとみたが

    no title

    引用元: 楽天ドラ2の岩見雅紀って活躍するとおもう?

    【楽天ドラ2の岩見雅紀って活躍するとおもう? 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/08(木) 16:45:12.34 ID:k78VYZDe0
    フリー打撃で放った打球を見上げる楽天岩見(手前)と池山2軍監督(後方左から2人目)(撮影・横山健太)
    no title

    場外5発含む柵越え15発!楽天2位岩見が怪力デモ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00120431-nksports-base
     楽天ドラフト2位の岩見雅紀外野手(23=慶大)が8日、沖縄・久米島2軍キャンプ初のフリー打撃を行い、打撃マシンと打撃投手の計62球で15本の柵越え、うち5本の場外をマークした。

     発熱により2軍キャンプスタートでコンディション組だったが、この日から2軍本隊へ合流。今日が初実戦となる
    「納得いくスイングがほとんどなかった。体の動きがよくない。しっかり修正したい」
    と語った。21日から行われる2軍の練習試合の結果次第では、2月末には1軍に昇格する。

    引用元: 楽天ドラ2岩見、62球で15柵越え、場外5本ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww

    【楽天ドラ2岩見、62球で15柵越え、場外5本ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    このページのトップヘ