狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    29山下斐紹

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/11(土) 17:30:45.90 ID:1plgWAZMa1111
    はい

    5: 風吹けば狗鷲 2017/11/11(土) 17:31:16.82 ID:1plgWAZMa1111
    ベースボールキング? @BaseballkingJP
    2分2分前

    【トレード】

    <ソフトバンク>
    斐紹(捕手/24歳)
     ↑↓
    <楽天>
    西田哲朗(内野手/26歳)

    12: 風吹けば狗鷲 2017/11/11(土) 17:31:40.71 ID:vG6H+4Gs01111
    え、マジじゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    ソフトB斐紹と楽天・西田のトレード成立 10年ドラ1の斐紹「不安はありません」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000137-spnannex-base

    引用元: 斐紹と西田哲朗トレード★2wwwwwwwwwwwww

    【斐紹と西田哲朗トレード 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 16:18:52.96 ID:nQsZKt5S0.net
    巨人・沢村拓一 (中央大・投手)
    「故障明けから、力八分で投げることができるようになってから大成長。投球の間がよくなって緩急も使えるようになった」(中日・中田スカウト部長)
    「力みはあったが、しっかりと抑えている。球威や投球については言うことはない」(巨人・井上スカウト)
    「ちょっと球に切れがなかったけど、プロでも9回投げて十分勝てる投手」(広島・苑田スカウト部長)

    中日・大野雄大 (佛教大・投手)
    「投げても投げなくても評価は変わりません。候補の中ではトップクラスの評価。左肩の状態も医師、トレーナーからはGOサインが出ていると聞いてます」(広島・宮本スカウト)
    「左投手のトップクラスで、力があるところは幾度も見ているが、肩の具合はやっぱり気掛かりだ」(中日・中田スカウト部長)
    「完ぺきだよ。リーグ戦ではあまり変化球を使ってなかったので全国大会でどんな投球をするかと思っていたが、期待以上」(巨人・山下スカウト部長)

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 16:19:10.86 ID:nQsZKt5S0.net
    広島・福井優也 (早稲田大・投手)
    「外角低めへの制球がいいし、特に変化球がよくなった。即戦力として十分評価している。1位の12人の中に入ってくる」(ヤクルト・鳥原チーフスカウト)
    「ドラフト1位の12人に入ってくる」(広島・苑田スカウト部長)
    「変化球でもストライクが取れるようになった。(1位指名の)12人には入ってくるでしょう」 (西武・鈴木編成部長)

    阪神・榎田大樹 (東京ガス・投手)
    「低めにコントロールできていた。投球術もある」(阪神・菊地東日本統括スカウト)
    「軸ができているから変化球も曲がる。即戦力。プロでもすぐ10勝近くできる」(横浜・武居スカウト)
    「ドラフトでは1位で消える選手。トヨタからヤクルトに今年入った中沢より力が上だよ」(中日・石井スカウト)

    引用元: 【2010ドラフト1位】プロ入り前のスカウト評価wwww

    【【2010ドラフト1位】プロ入り前のスカウト評価wwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 18:06:08.32 ID:3swChggF0.net
    開幕ローテ入りを目指す楽天の2年目右腕・横山貴明投手(23)が28日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)に先発し、4回3安打2失点だった。

     2回まで無安打無失点に抑えたが、3回に先頭の斐紹に中前打を許し、犠打で1死二塁のピンチを招くと、今宮にチェンジアップを左中間に運ばれ、適時二塁打を浴びた。
    その後、内川にも左前適時打を打たれ、この回2失点。4回は三者凡退に抑えただけに、悔やまれる“魔の3回”となった。

     横山は「3回にヒットを固められてしまった。直球を中心にしっかり投げられたと思う。でもチェンジアップがあまり良くなかったので、次までに精度を高めたい」と反省した。

    引用元: 開幕ローテ候補の楽天横山、3回2失点に反省

    【開幕ローテ候補の楽天横山、3回2失点に反省】の続きを読む

    このページのトップヘ