狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    7辰己涼介

    16

    18:15~

    辰己 涼介選手

    TBC東北放送Nスタみやぎ

    Nスタみやぎ特集「今年にかける」にドラフト1位辰己選手が生出演いたします。
    新人合同自主トレが始まり、現在の心境や今年にかける思いをお伺いします。

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/15(火) 18:36:46.35 ID:/fXgArcNd
    no title


    閖上小中学校の慰霊碑に献花し、手を合わせる八森校長(左端)と(同2人目から)清宮、小郷、佐藤、引地、辰己、太田、弓削、渡辺佳、鈴木(撮影・尾崎 有希)
     楽天の新入団10選手が15日、東日本大震災で甚大な被害のあった宮城県名取市の閖上地区を訪れた。昨年4月に小中一貫校として開校された閖上小中学校を訪問し、見学して回った。

     震災で名取市では911人が命を落としたが、うち750人は閖上地区が占めた。現在でも40人が行方不明となっている。
    地区全体を3メートルかさ上げして海抜5メートルとし、真新しい校舎の周辺には新築住宅も並び始めたが、まだ何もないまっさらな土地が多く、以前の町並みにはほど遠い。

     ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命館大)は兵庫県神戸市出身。生まれた前年の95年1月17日に、阪神・淡路大震災が起きた。直接被災したわけではないが、20年以上経った今も残る震災の爪痕を見ながら、被災地という環境下で育ってきた。

     「家の周りに避難してきた方もおり、仮設住宅で生活している方だったりを見てきた」と当時を振り返る。神戸復興を願う「しあわせ運べるように」を歌い続け、プロ野球選手となった。

     「何かの縁があって東北に唯一あるプロ野球チームに入団できた。子どもの時は地元に何もできなかったですが、これからはプロ野球選手としてできることがあると思っています」と気持ちを新たに。

     まだ傷の癒えない閖上地区を前にして「まだ復興途中と改めて目の当たりにし、元気や勇気を与えられるように、一生懸命背番号7を背負い頑張っていきたいです」と誓った。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000154-spnannex-base

    引用元: 楽天、新人10選手が被災地・閖上地区訪問 神戸出身の辰己「プロとしてできることを」

    【楽天、新人10選手が被災地・閖上地区訪問 神戸出身の辰己「プロとしてできることを」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/11(金) 21:10:06.43 ID:l0tPE8Pnd
    no title


    <NPB新人研修会>岩瀬氏の講義を聞く新人選手ら(撮影・島崎忠彦)
     NPB新人選手研修会に参加した楽天のドラフト1位・辰己が、元中日の岩瀬仁紀氏の講義の中から野球人生の極意を授かった。プロ19年間で通算1002試合に登板した「レジェンド」の話に深く感銘を受けたようで「オンとオフの切り替えや、自信と過信の違いなど、考え方がとても参考になった。野球選手として社会人として、自分で正しい方向に進まなければいけないと思いました」と感想を口にした。

     辰己はプロで現役を20年続けることを目標に掲げている。息の長い選手になることを夢見ているだけに「投手と野手では違うけど、野球選手として目指すべきところは岩瀬さん。理想型です」と目を輝かせていた。

    引用元: 楽天ドラ1辰己 岩瀬氏は「理想型。考え方が参考になった」

    【楽天ドラ1辰己 岩瀬氏は「理想型。考え方が参考になった」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/10(木) 18:57:22.21 ID:ATXPdWSc0
    no title

    シャトルランで1位になった清宮(右)は、ドラ1辰己とは対照的に涼しげな表情で最後まで走りきった
     楽天のドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=が、早くもプロの洗礼!? を浴びた。新人合同自主トレ2日目のこの日、楽天生命パークの室内練習場で恒例メニューの「20メートルシャトルラン」を行い、自己最多を大幅に更新する101回をマーク。
    それでも、全10選手の中で最下位(育成2位・則本佳樹と並ぶ)となり、「101回で最下位。年末年始にしっかり走り込んできたのに…。ちょっとどうなってるのかなと思いました」とぼやいた。

     これまでの自己最多は86回。社高3年時に記録したという。「90回は行きたいと思ってたんですけど、周りを見渡しても誰も終わる気配がなかったので。
    限界は優に突破してたんですけど、100回まで行ってみようと。100回まで行ってもみんな終わらなかったので、どうなってるのかなと」と、同期生の身体能力の高さに舌を巻いた。

     1位は、育成ドラフト1位の清宮虎多朗投手(18)=八千代松陰=の143本。「恐ろしいですね。初めて見ました」と脱帽。
    それでも「体力面がちょっと苦手ですけど、自己ベストを更新できましたし、キャンプまでしっかり体づくりをして、自分のアピールポイントでもある走攻守の技術面もしっかり向上できるように頑張って行きたいです」と前を向いた。

     ◇楽天のシャトルラン 20メートル間を往復し、片道を1本として計測する。徐々にテンポが速くなる「ドレミファソラシド、ドシラソファミレド」という電子音に合わせて行うため、走るペースも上がっていく。音が鳴り終わるまでに到達できなかった時点で失格となる。新人合同自主トレの恒例メニュー。

    引用元: 【楽天】新人合同自主トレでドラ1・辰己がシャトルランで自己最多を更新も最下位に…

    【【楽天】新人合同自主トレでドラ1・辰己がシャトルランで自己最多を更新も最下位に… 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/10(木) 14:25:35.63 ID:ATXPdWSc0
    no title

    シャトルランで球団記録を塗り替えた楽天の育成ドラフト1位・清宮=楽天生命パーク室内練習場

     楽天の新人合同自主トレ2日目となる10日、恒例のシャトルランが楽天生命パーク宮城の室内練習場で行われた。シャトルランは20メートルの距離を電子音に合わせて往復し、20メートルのラインを越えた回数を測定する。

     今年は育成ドラフト1位の清宮虎太朗投手(18)=八千代松陰=が、12年・森雄大の137回を更新する球団最高の143回を記録してトップ。ドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=は101回で最下位だった。

     清宮は「記録を更新しようという思いと、絶対に1位を取ってやろうという思いだった。正直、うれしいです」と、まずは支配下登録を目指す中で、持久力の高さをアピールしていた。

    引用元: 楽天新人自主トレ、恒例シャトルラン開催 1位は育成1位の清宮、ドラ1辰己は…

    【楽天新人自主トレ、恒例シャトルラン開催 1位は育成1位の清宮、ドラ1辰己は… 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/09(水) 21:12:49.95 ID:KNck/ON60
    no title

    打撃練習で鋭いスイングを見せる楽天ドラフト1位の辰己(撮影・足立雅史)

    楽天のドラフト1位辰己涼介外野手(22=立命大)が“大は小を兼ねる”打撃でプロの世界に挑戦する。9日、仙台市内で新人合同自主トレがスタート。「ケガせんように、徐々に上げていきます」と助走段階ながら、平石監督は「走る姿だったり、投げる姿だったり、イメージ通り。いいものがある。バットを振る力もありそう」。ティー打撃とマシン打撃で披露した鋭いスイングを評価した。

    監督の見立ては、辰己の狙いと合致していた。大学時代から使う「86センチ、920グラム、ミドルバランス」のバットは、楽天で活躍して昨季限りで引退した聖沢諒氏のモデルで「カタログで見ていて、形にビビッときた」。プロ入り前、速球への対応を念頭に同型880グラムのタイプも作ってもらい、練習場に持ち込んでいる。しかし今は、ひたすら重い方を握っている。
    「振る体力もつく。この時期は大振りでもいいくらい振って、そこから修正していく。パワーがないのに、いきなり本塁打を打つのは難しいじゃないですか。同じように、小さいところから大きく振ることも難しい。大きくから小さく、なら(修正)できる」と明かした。

    課題は自覚している。6日に測定した体脂肪率は7%。昨年は身長180センチに対して体重が67キロまで落ちた時期もあった。入寮日の夕食も「みんなペロッと食べていたけど、同じ量で吐きそうになりました」と苦笑する小食ぶり。理想の打者像に近づく上で、食トレの必要性を感じている。
    「単打から本塁打まで、幅広く警戒される打者になりたい。(本塁打は)10本20本、しっかり打っていきたい」。平石監督はキャンプ1軍スタートを示唆。大きな夢を広げ、練習に明け暮れる日々が始まった。【亀山泰宏】

    引用元: 楽天1位辰己“大は小を兼ねる”バットで振り込み

    【楽天1位辰己“大は小を兼ねる”バットで振り込み 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/09(水) 15:12:42.21 ID:OidfFlDed

     1E0EABB3-DEBB-47B0-AD9A-F38631AD627A
    新人合同自主トレ初日で笑顔を見せる楽天ドラフト1位・辰己=仙台市内の室内練習場
     育成選手を含めた楽天の新人10選手が9日、仙台市内の室内練習場で、平石洋介監督(38)ら首脳陣が見守る中で新人合同自主トレを開始した。


     キャッチボールやランニングメニューなどで汗を流し、即戦力の期待が高いドラフト1位・辰己涼介外野手(22)はマシン打撃でも鋭いスイングで快音を響かせた。プロでの第一歩を踏み出し「練習量も充実している。関西人らしく元気よく声を出していきたい」と意気込みを示した。

     視察した平石監督も辰己について「走る姿、投げる姿もイメージ通り。いいものを持っている。バットを振る力もある」と評価していた。

    引用元: 楽天ドラ1辰己、新人自主トレで存在感「関西人らしく声出していく」

    【楽天ドラ1辰己、新人自主トレで存在感「関西人らしく声出していく」 】の続きを読む

    このページのトップヘ